大阪市立大学大学院医学研究科視覚病態学(眼科学)
    item2a2

ご挨拶

IMG0437
CRW0580
IMG0438

 大阪といえば通天閣がよくテレビにでてきますが、私達の眼科病棟からその通天閣を身近にみることができます。まさに大阪を代表するエリアに位置しています。そして、様々な路線のターミナル駅から近く、大阪の様々な地域にとって交通の便のよい所にあり、多くの患者さんに来院頂いています。

 大学としての高度医療機関に相応しい先端的な眼科医療提供していくのみでなく、教育機関としての責務があります。旧学舎の壁には大阪市立大学医学部の理念である智・仁・勇を表す3人の女神像があり、眼科でもこの理念に沿って、学問のみでなく人間味あふれる眼科医を育てていきたいと思っています。

 しかしながら、眼科をめぐる環境は厳しく、この大阪でも大学のみならず病院に勤める眼科医が不足しています。眼科医は豊富にいるとの印象が世間一般にあるようですが、新しい前期臨床研修医制度が始まる前と比べて新たに眼科医になる人は全国的に激減しています。ひいては、全国の市中の病院の眼科の閉科が進んでいます。その結果、患者さんが大学病院に集中する傾向があり、外来診察での待ち時間の増大を招いています。

 そこで私達は病診連携を進めています。眼科診療所からご紹介頂いて、検査・治療をし、病気が落ち着けば紹介元の先生の所へ戻って頂き、再発や悪化があれば再度紹介頂くようにしております。限られた人的医療資源の有効利用にご協力くださるようお願いいたします。

教授・診療部長 白木邦彦

item1a
item4
 ホーム  ご挨拶  外来診療  診療の特色  構成員 関連  教室沿革 関連病院  アクセス 入局の お誘い