大阪市立大学大学院医学研究科視覚病態学(眼科学)
    item2a2

教室の沿革

 大阪市立大学医学部は戦時中の昭和19年に扇町商業学校の一部を間借りして大阪市立医学専門学校として開校された。昭和20年に付属病院となった旧大阪市立南市民病院において眼科が設立され、楠 或承先生が初代教授として就任された。

 昭和23年に大阪市立医科大学に昇格し、池田一三先生が第二代教授として就任され、昭和30年に大阪市立大学医学部となった。

 昭和49年に松山道郎先生が第三代教授として就任され、平成2年に三木徳彦先生が第四代教授に就任された。そして平成5年に付属病院の本館北館南館が新付属病院として建て替えられて現在に至っている。さらに平成10年に旧付属病院東館の跡地に現在の医学部学舎が建てられている。

 そして平成14年に白木邦彦先生が第五代教授として就任し、現在に至っている。

関連病院

大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院・大阪市立弘済院附属病院・市立柏原病院・泉大津市立病院・大阪掖済会病院・石切生喜病院・白庭病院・永山病院・守口生野記念病院・浪速生野記念病院・出田眼科病院・今里胃腸病院

item1
item4
 ホーム  ご挨拶  外来診療  診療の特色  構成員 関連  教室沿革 関連病院  アクセス 入局の お誘い