大阪市立大学研修プログラム

女性医師の声

大学院生
森山 美知子
平成24年卒、前期研究医の森山と申します。
女性が整形外科選択を迷う上で代表的な心配事は、2点あるかと思います。①圧倒的に男性が多く、体力や力が必要なイメージがあるが、それでもやっていけるのか。②妊娠・出産はできるのか。結論を先に申し上げますと、どちらも大丈夫でありました。
まず①について。確かに整形外科は手術件数も多く、処置で力が必要な場面もあります。私も実際にやってみるまでは不安でしたが、体力が必要なのは他科も同じですし、力が必要そうな処置は、経験して”コツ”を掴むと女性でも大抵のことは出来るとわかりました。もちろん、自分の力では歯が立たずに男性の強い力が必要な場面もありますが、そのような時は周囲の男性がちゃんと力を貸してくださいます。
次に②について。特に心配されるのは、妊娠・出産への影響かと思います。私は平成29年度のほとんどを妊娠した状態で過ごしました。妊娠が判明した時点で周囲に相談したところ、『当直業務は免除』『治療中・手術中でも放射線使用の場面では一旦離れ、極力放射線を浴びない』『力が必要な処置や、長時間の手術の担当はなるべく避ける』等、早期から母体・胎児へ最大限の配慮をしていただきました。そのお陰で、手術にも参加しながら妊娠9か月まで可能な範囲で働かせていただき、出産に至ることができました。その分周囲の医師の仕事が増えていたわけですが、皆さん妊娠にご理解・応援してくださり、快く協力してくださいました。
『可能な範囲はもちろん頑張り、性差として超えられない部分はきちんと周囲の協力を仰ぐ』。これが整形外科で働く上で重要なことと感じました。周囲も優しい先生ばかりですので、ちゃんとサポートの手を差し伸べてくださいます。
女性医師は大変なことばかりではありません。患者さんに喜ばれることも多々あります。『処置が優しく丁寧で、痛みが少ない』『女性の柔らかい雰囲気で和む・ホッとする』『親身に話を聞いてくれて安心する』『(患者さんがこどもの場合)こどもが怖がらない』等々、男性とは異なる良い面もたくさんあるようです。
振り返ると、私は整形外科を選んで後悔したことはなく、選んで良かったなという思いで働いています。この話が、女性が性別を理由に整形外科を諦めず、ご自身の進みたい道を考えるお役に立てれば幸いです。
石河 恵
私は、平成27年に関西医科大学を卒業、2年間の初期研修を淀川キリスト教病院で過ごし、平成29年に大阪市立大学整形学教室へ入局、引き続き後期研修を同病院でスタートさせています。
私が整形外科医を目指したのは学生の頃で、初めは“興味があるな”程度だったのですが、専門の学習や、ポリクリ、そして初期研修をする中でここしかない!と思い入局に至りました。
整形外科の女性医師割合は、数ある科の中でもずば抜けて低い割合です。それには、力仕事・男性社会・女性には大変そうなどのイメージがついてしまっている事が挙げられると思います。でも、医師の世界は元々男性の方が多いですし、時間的な拘束や仕事量でいうと他の科を選んだ同期の女性医師と大きく変わりはないと思います。何より整形外科は体全体を扱い、たくさんの分野に分かれているため、少しでも興味を持つ人には自分に向いた場所がきっと見つかるはずです。
また、女性ならば結婚や出産など自分のライフイベントも充実させたいと考えている人が多いと思います。当医局には結婚出産を経験され、育児をしながら働いている女性医師が多数いますし、私も大学卒業時に結婚、入局後の現在、妊娠中です。妊娠するにあたって不安なこともたくさんありましたが、ライフモデルとする先輩がいることや、男性の先輩方もそれぞれ家庭があり、たくさんのアドバイスや細やかな気遣いをしてくださって、充実した妊婦生活をおくることができています。私はかなり元気な妊婦なので、後期でも自分のやりたい仕事を続けさせていただけましたし、無理をしていないか周りが声をかけてくれるので、しんどい時にはいつでも頼れる環境を作ってもらえていました。
長い人生の中で、女性医師にとって仕事と家庭の両立は一番難しい問題の一つになると思います。どちらかを妥協するのではなく、どちらも充実している将来を目指せる未来が大阪市立大学整形学教室にはあると思います。一人でも多くの方に興味を持っていただき、一緒に働ける日を楽しみにしています。
斧出 絵麻
平成22年川崎医科大学卒業、平成24年入局、現在整形外科4年目となります。
私が整形外科医を目指したのは、スポーツが好きで何度も整形外科でお世話になったことや、仲間や家族が怪我をした時に何も出来ず悔しかったことなどが積み重なり、自分の経験や学んだことが活かせる仕事に就きたいと思ったからです。
女性で整形外科に進むという選択は、勇気と覚悟が要ると思います。私も整形外科医を目指して医学部に進んでおきながら、選択の際には本当にこれでいいのか、大丈夫なのかと何度も自問しました。また女性であれば、結婚や出産など将来のことも考えると思います。しかし、まだどうなるかもわからない将来に不安を抱き、本当に進みたい科を諦めて何十年も後悔することはとても辛いと思いました。
確かに整形外科は男性が圧倒的に多く、ご想像の通り、時には体力が必要なことも、緊急で夜中に出て行くこともあります。しかしそんな局面は外科系に限らず、実はどの科に進んでも存在します。ただ実際にそんな状況に遭遇した時、やはり自ら選択した道だからこそ頑張れる、好きだからこそ乗り越えられるということが何度もありました。そしてそんな時にはいつも周りのスタッフや先生方のサポートがありました。
この様な研修が出来るのも、人数が多く、他大学出身者や女性医師にも理解を示してくださっている大阪市立大学整形外科ならではかもしれません。また整形外科は身体診察から多くの情報を得る必要があります。患者様が女性の場合、女性医師であると大変喜ばれることがあります。怪我や病気で不安が募る中、女性であることで少しでも不安が取り除けているのだとすれば、こんなに嬉しいことはありません。
まだ数年ではありますが、整形外科に入って本当によかったと思っています。人生のうち、何十年も費やす大事な仕事です。整形外科に進みたいけれども悩んでいる、まだ科は決めていないけれども整形外科に興味があるという学生や研修医の皆さんには、是非自分が本当にやりたいこと、好きなこと、その気持ちに素直に向き合い、進んでほしいと思います。その方がきっと仕事も楽しく、成長に繋がると思います。皆様と一緒に働ける日を、心より楽しみにしております。

このページの先頭へ