研究内容

環境中化学物質の発がんリスク評価および短期包括的評価モデルの開発
ヒトは日常生活の中で様々な低用量の環境発がん性物質に暴露されながら生活している。また、ヒト発がんの原因の多くは喫煙や医薬品・食品添加物などであることから、それら物質の安全性あるいはリスクを評価するために、発がん性あるいは毒性影響について詳細な情報が必要である。当教室ではこれまでにいくつかの新規合成あるいは天然由来の化学物質について、動物実験モデルを用いて種々のリスクを報告している。
また、我々はより短期間でかつ包括的にリスク評価可能なモデルの開発を行なっている。

有機ヒ素化合物による膀胱がん発生機序の解明
当教室ではこれまでに有機ヒ素化合物ジメチルアルシン酸のラット膀胱への発がん性を明らかにしている。しかし、その詳細な機序については不明である。我々は分析化学的手法によるジメチルアルシン酸の生体内代謝物質の検索、さらに病理組織学的解析の結果から真に発がんに寄与する物質を同定している。現在、同定した物質の遺伝毒性の有無、種々の影響およびその機序について動物実験系を用いて解析を行なっている。

腫瘍の浸潤・転移における分子機序の解明
癌に罹患したヒトはなぜ命を落とすのか。多くの癌患者は、特定の臓器にできた癌が「転移」し、多臓器不全に陥り、死に至る。癌死を克服し寿命を全うするためには、癌転移の機序を明らかにし、制することが重要であると考えられる。近年では癌転移において、複数の癌細胞が細胞集団を形成して移動する細胞集団運動(collective cell movement)が大きなトピックとなっており、我々は病理組織像と整合性のとれた細胞集団形質は転移の本質を示すものと考えている。現在、動物実験系にて構築した転移性腎がん細胞株を用いて、種々の解析を精力的に行なっている。

オミクス(トキシコゲノミクス、プロテオミクス)手法を用いた発がん性指標となる新規バイオマーカーの開発
マイクロダイセクション法および高感度質量分析機を用いて、ヒト肺がんや肝がんあるいは実験動物を用いた発がん過程における前がん病変や腫瘍における蛋白発現を網羅的に解析し、発がん早期検索マーカーを開発した。現在、これらの手法を用いて様々な臓器における発がん早期検索マーカーの開発を精力的に進めている。

チェルノブイリ原子力発電所事故後の汚染地域の発がん性
ウクライナのチェルノブイリ原発事故後、周辺汚染地域では過去十数年間で膀胱癌の発生頻度が上昇したと報告されている。その原因として現在も土壌中に残存する低レベルCs137の長期間暴露が考えられる。我々は臨床的に膀胱がん症状のない汚染地域住民の膀胱粘膜において、上皮異形成や上皮内がんを含む膀胱がんの発生率が、尿中Cs137レベルにほぼ比例して上昇していることを見出した。我々はまた、汚染地域住民の膀胱に上皮異形成や粘膜内癌を高頻度に伴う特異的な慢性増殖性膀胱炎を見出し、チェルノブイリ膀胱炎と命名した。

臨床への取り組み
動物実験系における発がん機序の解析あるいは遺伝子・蛋白の網羅的解析によって得られた機能遺伝子・蛋白およびマーカー遺伝子・蛋白について、その有用性についてヒト臨床材料を用いた解析を行い、腫瘍発生過程における早期診断マーカーあるいは予後予測マーカーの開発に寄与するデータの蓄積を行なっている。

 当教室では病理学を基盤にし、分子生物学的手法を駆使して
1)有機ヒ素化合物による膀胱がん発生機序の解明
2)環境中化学物質の発がんリスク評価および評価モデルの開発
3)腫瘍の浸潤・転移における分子機序の解明
4)オミクス解析手法を用いた発がん性指標の開発
5)チェルノブイリ原子力発電所事故後の汚染地域の発がん性
について取り組んでいる。
研究室では病理組織学的解析、分析化学的解析および分子生物学的解析手法を用いてin vitroin vivo双方から研究を行なっている。