大阪市立大学附属病院 小児科・新生児科
 

小児科・新生児科トップ診療入院診療

小児科の病室は、17西病棟(小児医療センター)と
8階西病棟(NICU・新生児病棟)の2ヵ所にあります。
それ以外の病棟に入院する場合にも、小児の入院にあたっては、
小児科医として必要に応じてコンサルトを受けて、
関係する他科と共同で診療しています。

小児医療センター(17西病棟)の運営方針
 

小児科病室は病院17隗西病棟の小児医療センター内にあります。小児医療センターは診療科間の連携をはかるべく、2008年夏に運用が開始されました。小児科(小児内科)の他、外科系、整形外科系を含め、子供に関わるすべての病気を取り扱っています。小児科では大学病院として専門性の高い、高度の医療を提供すべく、各専門グループからなる主治医チームがそれぞれの疾患の診療にあたっています。医師スタッフの他、小児看護を専門とする30名の看護師スタッフと2名の病棟保育士が、栄養部、検査部、放射先部、薬剤部など中央部門との連携のもと、患児の診療とお世話にあたります。患児のQOLに配慮し、できるだけ短い日数で最大限の医学的効果があがるべく、効率的なベッド運用や救急自体への即応にも力を入れていきたいと考えております。お子さんの医学的状況や年齢によってはつきそいをお願いする場合があります。

小児科で入院診療をしている疾患の種類について、過去実績をもとにリストを示します。

※ 白血病、小児悪性腫瘍
※ 小児免疫疾患及び膠原病、川崎病
※ 小児神経疾患(難治性けいれん、脳性マヒ、先天異常、変性疾患、神経感染症)
※ 先天性代謝異常(アミノ酸代謝異常、糖原病、ガラクトース血症、ムコ多糖症、有機酸異常、脂質代謝異常)
※ 内分泌疾患(下垂体、副腎、甲状腺、カルシウム関連、性腺思春期異常)
※ 糖尿病(1型、2型)、肥満症
※ 先天性心疾患
※ アレルギー疾患(喘息、重症アトピー性皮膚炎)
※ 消化器疾患
※ 一般感染症(結核、麻疹、水痘、インフルエンザを除く)



病棟の風景
 

病棟ナースステーション
7階西病棟のナースステーションです。スタッフの仕事場であり、外から来る方の受付になります。

病棟廊下
病室は廊下の外側に配置されています。
病室
個室病室の一例です。
プレイルーム
手前が談話室で、続いてプレイルームがあり、さらに奥にダイニングルームがあります。
プレイルーム2
壁にはこどもの好きな装飾がされています。
入院処置室
入院中の処置などをする部屋です。ベッドもキャラクターが描かれています。
NICU(新生児集中治療室)・新生児室(8階西病棟)の運営方針
 

NICU 3床と病的新生児病床5床を運営しています。同じ、フロアにある産科病棟と連携した診療にあたっています。
NICUとしての規模は小さいですが、人工呼吸器、モニター装置をはじめとして
最新の診療機器を積極的に導入し、きめ細かな治療を行っています。
小児科的な治療だけでなく、小児外科などの外科系各科とも協力して幅広く対応できることが特徴です。

最近(平成19年)の未熟児の診療実績は以下の通りです。

 
  入院数 新生児期中の死亡数
日齢0-6 日齢0-7 日齢7-28
出生体重(g) 院内出生 院外出生 院内 院外 院内 院外
  - 499 0 0 1      
500 - 999 8 0        
1000 - 1499 7 2        
1500 - 1999 11 0        
2000 - 2499 46 3        
2500 -   298 14        
合計 370 19 1 0 0 0

 

 

また、過去の診療実績からみた、疾患の内容は以下の通りです。

※ 超低出生体重児(1000g未満),極低出生体重児(1500g未満),低出生体重児
(いずれも子宮内発育遅延児を含む)
※ 呼吸窮迫症候群,新生児一過性多呼吸,胎便吸引症候群,気胸,
※ 新生児遷延性肺高血圧症(NO使用可)
※ 新生児けいれん,新生児仮死,新生児代謝疾患,
※ 病的高ビリルビン血症(交換輸血必要症例含む),新生児血液疾患
※ 肝炎母子感染予防児
※ 食道閉鎖症,十二指腸閉鎖・狭窄,小腸閉鎖症・狭窄,鎖肛,胆道閉鎖
※ 横隔膜ヘルニア,臍帯ヘルニア,ソケイヘルニア
※ 胃破裂,消化管穿孔,
※ 他,新生児期に手術を必要としない心疾患

大阪市立大学 医学部附属病院 小児科・新生児科