大阪市立大学医学部 神経生理学教室(第2生理学)


教室員

教授: 水関 健司 Kenji Mizuseki  [Publications] [紹介]
email: mizuseki.kenji (AT) med.osaka-cu.ac.jp
電気生理学・光遺伝学・分子生物学・動物行動学的手法を用いて、海馬の情報処理を調べています。


講師: 北西 卓磨 Takuma Kitanishi  [Publications] [紹介]
e-mail: kitanishi.takuma (AT) med.osaka-cu.ac.jp
行動中の動物から神経活動を計測する電気生理学手法と、ウイルスベクターによる遺伝子改変技術とを組み合わせて、海馬―嗅内皮質回路の情報処理の仕組みを調べています。

助教: 宮脇 寛行 Hiroyuki Miyawaki  [Publications] [紹介]
e-mail: miyawaki.hiroyuki (AT) med.osaka-cu.ac.jp
記憶の形成時に脳がどう変わるのか、その変化と睡眠はどのように関わっているのかを、電気生理学・光遺伝学・動物行動学を組み合わせて解析しています。

助教: 松本 英之 Hideyuki Matsumoto  [Publications] [紹介]
e-mail: matsumoto.hideyuki (AT) med.osaka-cu.ac.jp
好き・嫌いといった価値、感情や記憶を、私たちの脳がどうやって作り出すのか、電気生理学や光遺伝学、動物行動学を使って探っていきたいと思っています。

学振PD: 松本 信圭 Nobuyoshi Matsumoto  [Publications] [紹介]

海馬における社会性の表象様式を、雌雄差や内分泌物質に注目しながら、電気生理学的に明らかにしたいと考えています。

大学院博士課程3回生(脳神経外科学所属):馬場 良子 Ryoko Umaba 

分子生物学・解剖学・電気生理学的手法を使って、海馬における情報処理のメカニズムを調べています。


大学院博士課程3回生: 高橋 麻衣子 Maiko Takahashi 

神戸の理研CLSTで、遺伝子改変バクテリアを用いたがん治療マシンの開発に取り組んでおります。


大学院博士課程3回生: 渡邊 恭介 Kyosuke Watanabe 

MRIやPETなどのイメージング技術を用いて疲労とネガティブな感情の関連を研究しています。神戸の理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターに出向中です。

医学部4回生: 岩瀬 元貞 Motosada Iwase 

3回生の修業実習で配属になりました。場所細胞・頭方向細胞・速度細胞の研究をしています。


医学部2回生: 大植 瑠美子 Rumiko Ohue 

ニューロンの発火や神経伝達物質の作用の産物としてとらえることで、人の情動を解明したいと思っています。

秘書・研究補助: 1名