*第73回日本寄生虫学会西日本支部大会
 2017年10月14日(土)〜10月15日(日)
 医学部学舎4F 中講義室1
『ナニワからマラリア克服へ』
*特別セミナー
 2017年8月22日(火) 16:00〜17:00
 医学部学舎11F セミナー室
 演者:Dr.Chim Wai Chan 
 Dept. Microbiology, Tumor and Cell Dept. 
 SwedenKarolinska Institutet, Stockholm, Sweden
“Health transition on islands in Vanuatuon”
*ヴァヌアツ島嶼調査
 2017年7月〜8月
────────────────────────────
*ケニア調査 帰国報告会
 2017年4月21日(金)17:00〜18:00
 医学部学舎4F 中講義室1
  H28年度 修業実習生8名
────────────────────────────
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2017年1〜2月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,広州中医科大学,
 ケニア公衆衛生省との共同研究
  H28年度 修業実習生8名参加
*Sveriges Television(STV)"Vetenskapens varld " 
 スウェーデンテレビ"科学の時間" ケニア調査の様子が放送されました。
  http://www.svt.se/nyheter/vetenskap/svensk-forskare-forsoker-utrota-malarian
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2016年1〜2月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,広州中医科大学,
 ケニア公衆衛生省との共同研究
  H27年度 修業実習生3名参加
*マラリア高感度診断のためのアクリジンオレンジ染色法の改良
  H27年度 修業実習生2名参加
────────────────────────────
*新刊
 アジア旅行者のための 感染症対策 改訂版
 連合出版 本田 徹/金子 明 編 
────────────────────────────
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2015年8月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,広州中医科大学,
 ケニア公衆衛生省との共同研究
  (JSPS研究拠点形成事業)
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査 帰国報告会
 2015年4月28日(火)17:00〜18:00
 医学部学舎6F 中講義室2
  H26年度 修業実習生2名
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2015年3月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,広州中医科大学,
 ケニア公衆衛生省との共同研究
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査
 2015年1〜2月
  H26年度 修業実習生2名参加
────────────────────────────
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2014年8月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,広州中医科大学,
 ケニア公衆衛生省との共同研究
  ケニア・ビタにて、セミナー開催予定
  (JSPS研究拠点形成事業)
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査 帰国報告会
 2014年3月25日(火)17:00〜18:00
 医学部学舎6F 中講義室2
  H25年度 修業実習生3名
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査
 2014年1〜2月
  H25年度 修業実習生3名参加
*アニサキス調査
  H25年度 修業実習生1名参加
────────────────────────────
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2013年8月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,広州中医科大学,
 ケニア公衆衛生省との共同研究
  ナイロビ及びビタにて、セミナー開催予定
  (JSPS研究拠点形成事業)
────────────────────────────
*JSPS研究拠点形成事業
 金子明教授をコーディネーターとする「熱帯アフリカの
  マラリア撲滅と開発:ビクトリア湖島嶼の日中ケニア
  研究ベンチャー」が、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)の
 研究拠点形成事業(アジア・アフリカ学術基盤形成型)に
  採択されました。実施期間は平成25〜27年度までの3年間です。
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査 帰国報告会
 2013年3月25日(月)17:00〜18:00
 医学部学舎4F 中講義室1
  H24年度 修業実習生3名
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査
 2013年1〜2月
  H24年度 修業実習生3名参加
────────────────────────────
*ケニアビクトリア湖島嶼 調査
 2012年8月
 カロリンスカ研究所,長崎大学熱帯医学研究所,および
 ケニア保健省との共同研究
────────────────────────────
*ヴァヌアツ島嶼調査
 2012年7月
  大学院生1名 参加
────────────────────────────
*外国人招へい研究者 来日中
 2012年6月4日まで
 米国ニューヨーク州立ビンガムトン大学・人類学・
 Jeffrey Kojiro Lum教授
────────────────────────────
*化学療法によるマラリア撲滅に関する会議出席
 2012年5月8日
 中国 広州中医科大学
────────────────────────────
*アジア太平洋マラリア撲滅ネットワーク会議出席
 2012年5月6日〜7日
 Asia Pacific Malaria Elimination Network
 APMEN Vivax and Vector Control Working Group Meetings
  Seoul, Republic of Korea
────────────────────────────
*アフリカ調査帰国報告会
   ケニア・ヴィクトリア湖島嶼マラリア撲滅にむけて
 2012年3月16日(金)17:00〜 学舎4階 中講義室 1  H23年度 修業実習生4名 ────────────────────────────