過去のイベント

第3193号「週刊 医学界新聞」に掲載されました。

臨床統計疫学寄附講座の教授 新谷の記事が、2016年10月3日(月)第3193号「週刊 医学界新聞」に掲載されました。

2016年10月3日(月)第3193号
「週刊 医学界新聞」

臨床研究の質をいかに向上させるか
日本の喫緊の課題は人材育成とインフラ整備

医学界新聞に日本の臨床研究の危機的な現状と日本の臨床研究がなぜ大きく出遅れているのか。
その答えと改善策を日米の臨床研究の違いから明らかにした記事が紹介されました。


詳しい内容は、下記URLよりご覧いただけます。

■Web版
Web版
■PDF版
PDF版

こちらの件、Japan REDCap Consortium – JREC -のFacebookページでも案内させて頂いております。

Japan REDCap Consortium – JREC –

臨床研究の質をいかに向上させるか 日本の喫緊の課題は人材育成とインフラ整備

7月13日(水)放送の「NHK ガッテン!」に出演します!

実は、NHKガッテンの特集に教授 新谷が協力する事になり、先日、教室で収録などが行われました。
その特集が、いよいよ明日放映されます!
今回の特集「アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP(仮)」、お見逃しなく!

写真は収録後のNHKスタッフの皆様との記念撮影になります。

NHKガッテン 「アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP(仮)」

[放 送] 2016年7月13日(水) 午後7時30分
[再放送] 2016年7月19日(火) 午前0時20分
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160713/index.html

ガッテンスタッフの皆様が、街行く皆様にも紙でアンケートを実施されたのですが、教室でアンケートを電子化する時にはREDCapを使用しました♪

写真は収録後のNHKスタッフの皆様との記念撮影になります。


新刊発売情報「みんなの医療統計 12日間で基礎理論とEZRを完全マスター!」(KS医学・薬学専門書)

今回はオッズ比やT検定、カプランマイヤー図などの基本コンセプトから競合リスクの生存率解析や二つのROCを比べる方法など盛りだくさんです。実際にデータセットをお渡しして、無料ソフトEZRを使ってハンズオンの解析も詳しく説明しています。

詳細はここをクリックしてください。


「医学統計」大規模オンラインオープンコース

2016年1月19日から6週間のコースで、Rコマンダーを使ったハンズオン解析を実際にデータセットもお渡ししてインターアクティブに行える待望のコースです。
今のところ全て英語ですが、英語字幕も付き、ソフトの操作など比較的英語でもとっつきやすいと思いますので、お知り合いの方など、統計を学びたいという方入らっしゃいましたら是非お声掛けください!
Edxを検索し、Osakaで検索していただくと、コース登録のEnroll Nowのリンクがでます。(無料)
2016年第1回目は世界150か国約6000名登録し、大好評のうち修了しました。現在アーカイブモードでビデオ聴講可能です。

詳細はこちら(コースリンク)からご覧ください。

お問い合わせ先

講演やイベントへの出演依頼・統計のご相談は、以下から受け付けております。

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームは2か月に1度メンテナンスが発生します。アクセス出来ない場合は2時間程度時間を空けてアクセスして下さい。

お問い合わせいただいた内容は、順次回答しておりますので、内容により順番が前後したり、お返事までにお時間を頂戴する場合もございます。あらかじめご了承ください。

アクセス

当教室(阿倍野キャンパス)へのアクセスは、以下をご覧ください。
▶ 交通アクセス・キャンパスマップ