大阪市立大学 大学院医学研究科・医学部医学科 医療統計学

新着情報 Information

New!統計解析e-learning教材を公開しました

統計解析e-learning教材を公開しました。
無料統計ソフトEZRのダウンロードから解析方法までを解説しています。
動画の視聴はこちらから
また各動画の手法に関する詳細を説明した資料もこちらから閲覧可能です。
無料公開となっておりますので、日々の学習にお役立てください!
※なおこの教材はAMEDの支援をうけて作成されたものです。

2020年12月15日(火)更新


New!2020年度 医療統計学教室開講科目を受講される方へ

2020年度 医療統計学教室開講の講義を受講される方へお知らせです。
医療統計学教室開講の講義を受講される方は、別途配布する「医療統計学教室における学習の手引き」に沿って事前準備が必須となります。 「医療統計学教室における学習の手引き」は医療統計学教室開講科目を履修している大学院生および科目等履修生を対象に配布いたします。
医療統計学教室に所属していない大学院生が医療統計学教室開講科目を履修する場合には、学務での履修登録、医療統計学教室における受講許可印が必要になります。許可印を申請に来られた際に、今後の手続きおよび「医療統計学教室における学習の手引き」の取得方法等を提示いたします。

COVID-19への対応として、受講手順を以下の通りといたします。
1. 学務へ受講登録
2. 学務へ登録したメールアドレスで「医療統計学教室における学習の手引き」を受信
3.初回講義よりe-learningを受講(詳細は受講者用Slackにて各講義通知します)
*受講許可印については後日まとめて処理しますので、現時点では押印不要です。書類につきましてはお手元に保管ください。

各講義の初回講義日は以下の通りです。途中から受講登録をされた場合であっても、原則期限を過ぎた課題等の提出は認められませんので留意ください。
・医学統計学基礎 4月13日(月)
・数理統計学 4月17日(金)
・臨床医科学(修士)/臨床研究管理学(博士)4月15日(水)

2020年4月9日(木)更新


New! 第4回 日本REDCapシンポジウムが開催されます!中止になりました

(2020年2月25日(火) 更新)
新型コロナウィルス感染症に関わる状況の急激な変化を鑑み、感染拡大の防止の為、中止を決定いたしました。
大変多くのお申し込みをいただいており、参加を希望されていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦いただけますと幸いです。
来年度以降に改めてREDCapシンポジウムを開催できればと計画いたしておりますので、今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

---以下参考情報---
第4回 REDCapシンポジウムを東京・浜松町で開催します!
アカデミアでのREDCap活用事例に加え、企業向けのREDCapを提供するREDCapCloud社による事例紹介を行います。現在、大手製薬企業を含む世界200以上の企業、1000を超える臨床試験にREDCapCloud社のサービスが提供されており、CDISC変換や最小化法での割付機能など企業治験での利用や、画像・ゲノムデータを含む電子カルテからの自動データ取り込み、希少疾患レジストリーなど、さらに発展したREDCapの事例をご紹介します。
REDCapCloud社によるサービスは、アカデミアだけでなく企業でも利用可能です。大阪市立大学はREDCapCloud社と連携し、医師主導と企業主導双方の研究でREDCapをお使いいただくことによって日本の臨床研究の発展の為により一層取り組んでいきたく存じます。

<開催概要>
・日時:2020年3月8日(日)10:30~19:30
・内容:ワークショップ、シンポジウム、情報交換会
・会場:ビジョンセンター浜松町
・費用:無料 (※但し、情報交換会のみ参加費必要)
・対象:臨床研究に関わる方
・申込:シンポジウムへのお申し込みはこちらから(※ 参加には事前申し込みが必要です)
   

第4回 日本REDCapシンポジウム

2020年1月30日(木)掲載


New! 2020年度 科目等履修生の募集要項が公開されました!

2020年度 大学院科目等履修生の募集要項が公開されました!
科目等履修生は、学外の方でも大学院の授業科目を履修し、単位を取得することができる制度です。
医学統計学教室では下記の3科目について受講をうけつけていますので、ぜひご応募ください!
出願期間 2020年2月17日(月) - 2月21日(金) ; 事前相談後の出願となりますのでご注意ください
事前相談 2020年1月23日(木) - 2月20日(木) ; 事前相談はこちらから
※ 面談について直前の日程調整は出来ません。出来る限り余裕をもってお申し込みください。
※ 募集要項に記載の内容を優先すること
講義概要説明会(2020年4月6日(月) 18:00- 大阪市立大学医学部学舎) は参加必須ですので、事前に予定をあけておいてください。詳細は登録後ご連絡いたします。
募集要項
願書書類の請求と交付について

科目等履修

2020年1月24日(金)掲載


New! 新谷歩教授が優秀テキスト賞を受賞しました!

新谷歩教授が大阪市立大学の優秀テキスト賞を受賞しました!
優れた教科書を出版した大阪市立大学の教員に贈られる賞であり、2019年11月3日(日) 令和元年度 大阪市立大学顕彰式典 にて表彰を受けました。
対象書籍名は "あなたの臨床研究応援しますー医療統計につながる正しい研究デザイン・観察研究の効果的なデータ解析" です。
興味がある方はぜひHP右の書籍マーク、あるいは上記リンクからご購入ください!

優秀テキスト証

2020年1月17日(金)掲載


New! AMED国際誌プロジェクト 統計BootCamp の募集が始まりました!
⇒ 満員御礼!参加いただきありがとうございました!

AMED国際誌プロジェクト 統計BootCamp を今年も開催します!
研究の妥当性や再現性を向上させるために、適切な統計解析の技能は必須となります。本セミナーは実際の医学データを利用した解析実習を通じて、医療統計学について基礎から応用までを学びます。
東京開催と大阪開催がございますので、ご都合の良いほうにお申し込みください。
申込は先着順ですが、毎年すぐに満席の状態となりますので、お申し込みはお早めにお願いいたします!
お申し込みは こちらから お願いいたします。

AMEDbootcamp

2019年11月20日(水)掲載


New! 修業実習生の藤井厚一郎くん(医学部4年生)が 厚生労働省インターン に参加しました!

修業実習生の藤井厚一郎くん(医学部4年生)が厚生労働省の家庭局母子健康課にて職場体験実習に参加しました。
藤井君コメント「5日間にわたって子ども家庭局母子保健課でお世話になり、医系技官グループを中心に貴重な体験をさせていただくことができました。 実習のなかでデータに触れる機会があり、医療統計学教室で学んできたことが、実際に必要なスキルであることを感じました。」
藤井君は医療統計学教室の開講講座メディカル・データ・サイエンスを受講し、その後医療統計学教室での修業実習を経て、現在も実際の臨床データの解析に取組んでいます。

藤井君インターン風景

2019年10月07日(金)掲載


New! Haiyan Zheng 先生にご講演いただきました!

Newcastle大学のZheng先生に9月5~6日の2日間にわたりベイズ論に関する講義をしていただきました。
ベイズ論における確率の概念の基本的な考え方から、解析ツールを用いた実習までを非常にわかりやすくご講義いただきました!
Zheng先生は大阪大学時代に新谷研究室で修士号を修了後、Lancaster大学で生物統計のPh.D.を取得されました。現在はNewcastle大学の生物統計家として活躍しています。

Zhengさん講義風景

2019年9月06日(金)掲載


New! 小中学生サマーラボ「データで遊ぼう!」を開催しました!

小中学生対象のサイエンスサマープログラムを7月31日・8月21日の2日間にわたり開催しました。
データを集めるとどんなことが分かるのか?どうやって解析をするのか?という講義をうけた上で、各参加者が自分の疑問についてREDCapを構築してデータを集め、解析した結果をポスターにまとめました。
最後は希望者に結果をプレゼンしてもらい、大盛況で幕を閉じました!
結果のポスターは後日印刷して参加者に郵送され、夏休みの自由研究課題にも利用いただけます。

キッズセミナー

2019年8月23日(木)掲載


New! Vanderbilt大学の小山達樹先生にご講演いただきました!

Vanderbilt大学の小山達樹先生に、7月8~10日の3日間にわたり大学院講義「クリニカルトライアル統計理論」でのご講義をいただきました。
また大阪市立大学臨床研究セミナーにおいて「前立腺癌の大規模観察研究において、統計解析チームが直面した統計解析以外の難しい問題」というタイトルでご講演頂きました。 臨床研究に臨むにあたって、統計家と臨床家とがどのような関係性を築き、どのような点に留意する必要があるのかについて、JAMAに掲載された論文を例に挙げてお話いただき、満員御礼大盛況でした。
小山先生はVanderbilt大学のがんセンターに統計家として従事されており、統計学・臨床論文ともにトップジャーナルへ数多く採録されています。

セミナー風景

2019年7月11日(木)掲載


New! 修業実習生の森井大智くん(医学部4年生)が 第62回日本腎臓学会学術総会 で発表しました!

修業実習生の森井大智くん(医学部4年生)が 第62回日本腎臓学会学術総会 で発表しました。
タイトルは「透析導入時の臨床パラメータを用いた予後予測モデル」です。
今回の発表は藤田医科大学腎臓内科教授の稲熊大城先生と医療統計学教室との共同研究プロジェクトの成果をまとめたもので、森井君は主に統計解析の担当者として解析を行いました。
森井君は学部3年生で医療統計学教室の開講講座メディカル・データ・サイエンスを受講し、その後医療統計学教室での修業実習を経て、現在も実際の臨床データの解析に取組んでいます。

発表風景

2019年6月25日(火)掲載


New! 大学院講義受講生の堀悠介先生が国際腰椎学会(ISSLS)の優秀論文賞を受賞しました!

2017年度より開講した医学統計学基礎・応用を2年続けて受講された、整形外科学所属の堀悠介先生が、国際腰椎学会(ISSLS)の優秀論文賞を日本人で初めて受賞しました。
体幹筋量と腰痛が関連することを、非線形回帰モデルを用いて世界で初めて明らかにしたことが評価されました。
本稿は2019年2月6日に国際学術誌『European Spine Journal』のオンライン版に掲載されました。
写真は、大阪市立大学・北里大学・千葉大学の3大学共催の祝賀会の様子です。

祝賀会

2019年6月25日(火)掲載


New! 加葉田大志朗助教がTeacher of the Year 2018を受賞しました!

医療統計学教室の加葉田大志朗助教が Teacher of the Year 2018 を受賞しました。
Teacher of the Yearは医学部生の投票によって、教育に熱心であったと評価された教員が選出されます。
加葉田助教は2018年度より開講したメディカル・データ・サイエンスを新谷教授とともに担当しています。

授賞式

2019年6月25日(火)掲載


New! 【新書籍発売】新谷歩教授の新著が発売されました!

新谷歩教授の新著「あなたの臨床研究応援します(羊土社)」が発売されました。研究の質を向上させる研究デザインについて、新谷教授の実体験を基にやさしく解説しています。医療統計学的な検討を行う視点から記載されていますので、他書籍で勉強していただいた内容と紐づけて理解することができます。

以下の書籍アイコンよりご購入いただけます。

2019年4月18日(木)掲載


お問い合わせ先

講演やイベントへの出演依頼は、以下から受け付けております。

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォームは2か月に1度メンテナンスが発生します。アクセス出来ない場合は2時間程度時間を空けてアクセスして下さい。

アクセス

当教室(阿倍野キャンパス)へのアクセスは、以下をご覧ください。
▶ 交通アクセス・キャンパスマップ