お知らせ

2017(平成29)年 11月 21日
大阪市立大学医学部
阿倍野キャンパスLANサポートデスク

【重要】RisuMailのメール保存期間(90日)以前のメール削除再開について

平素より、キャンパスLANをご利用いただきまして、ありがとうございます。

掲題の件、RisuMail(Webメール)につきましては、従来よりサーバーディスクの空き容量を確保するため、メールデータの保存期間を90日としております。
しかしながら、今年5月のメールシステム更新以降は一時的にメールデータの自動削除を停止しておりました。

今般、90日を経過したメールデータの自動削除を再開することになりましたので、 下記の通りご案内申し上げます。


                   記
1.  RisuMailの「受信箱」「送信済み」「ごみ箱」フォルダ内のメール自動削除
   <現在>
2017年5月13日以降、メールデータの自動削除機能を停止中。

<削除再開後>
メールサーバ上の保存期間90日を超えた古いメールを順次削除する。
2.  削除開始日
   【2017年12月18日から】

※削除対象:開始日は2017年9月19日を含む、それ以前のメール。
      翌日以降は1日ずつずれて削除。
3.  メールデータの退避について
   RisuMailの「送信済み」フォルダ上の必要なメールにつきましては、「受信箱」へメールを移動し、ご利用パソコンのメールソフトにて受信を行われる事で、「受信箱」のデータと同様にご自身のパソコンにメールが保存されます。
削除開始日までに取り込んで頂きますようお願い致します。
4.  送受信後90日を経過したデータを「受信箱」へ移動する場合の注意について
   自動削除を再稼動後は、毎日午前02:00〜03:00(1時間)の間に90日経過したメールを「受信箱」「送信済み」フォルダから削除します。
ご自身で追加作成されたフォルダから「受信箱」へメールを移動して、ご自身のパソコンにメールを取り込む場合は、上記の時間をまたいで行わないようにしてください。
5.  RisuMailのみで、メールをご利用のみなさまへ
   メールサーバのディスク容量を圧迫しないために、RisuMailは外出先などの限定利用を推奨しております。この機会にパソコンのメールソフトの併用をご検討ください。
やむおえずRisuMailしかご利用頂けない場合は、削除開始日までにWebメール上で振り分けるフォルダを作成して頂き、そのフォルダへ送受信メールを移動して頂くことで保存ができます。

メールフォルダの作成、移動方法につきましては、下記のページをご参照の上、操作をお願い致します。

    http://www.med.osaka-cu.ac.jp/support-desk/CL/webmail_lesson01.shtml
6.  メールボックス容量の上限について
   メールボックスの最大容量は976MBまでとなっております。

ご自身で追加作成されたフォルダ、および「受信箱」「送信済み」「ごみ箱」の各フォルダのデータを合わせて上記容量が上限となり、この最大容量を超えるとメールが送受信できなくなります。
最大容量を超えそうな場合は、不要メールや容量の大きなメールを速やかに削除して下さい。
また削除をされた後に「ごみ箱を空に」を忘れずにお願いします。

各自のメールボックスの使用状況は、RisumMailにログインした画面の左上にグラフと使用率で表示されます。
(表示形式: 976.6M中 XX.X%)

        何卒、ご理解ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。


   ※ご不明な点などございましたら、阿倍野キャンパスLANサポートデスクまでお願い致します。
お問合せ :  阿倍野キャンパスLANサポートデスク  support-desk@med.osaka-cu.ac.jp