教室紹介

About us

教授挨拶

大阪市立大学大学院 医学研究科  腫瘍外科学 (第1外科)

教授 大平 雅一

私どもの消化器・乳腺内分泌外科では食道から肛門に至る消化管と肝胆膵領域の疾患、ならびに乳腺と内分泌(甲状腺、副甲状腺、副腎)の疾患の治療を行っており、手術件数は年間1,000件を越えております。

特にがん治療の専門病院として国内でも有数の患者数を誇っています。当科で扱っているがんは食道から肛門にいたる消化管のがんならびに肝臓がん、胆管がん、胆嚢がん、膵がん、甲状腺がん、乳がんなどです。

がんの治療は手術だけではなく、抗がん剤や放射線療法など他の治療法も組み合わせて、可能な限り治療成績を向上させる努力を行っています。また、患者様がご自身の病気や治療のことをしっかりと理解したうえで安心して治療を受けて頂くために患者様との対話を大切にしております。

Medical Theme Health and Care

がん以外にも良性の腫瘍や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、食道・胃静脈瘤、脾臓疾患、食道裂孔ヘルニアなどの治療も積極的に行っており、豊富な経験を持っております。

Medical Theme Health and Care

さらに、最近では各種疾患に鏡視下手術も積極的に取り入れております。この手術は腹や胸にカメラを挿入し、テレビ画面を見ながら手術を行うため、大きな傷をつける必要がなく、患者様の負担や痛みが軽減されます。この鏡視下手術は食道がん、胃がん、大腸がん、膵腫瘍、消化管の良性腫瘍、食道裂孔ヘルニア、潰瘍性大腸炎、副腎腫瘍、脾臓摘出などで行っています。

病気や治療のことでさらに詳しいことがお知りになりたい場合は、ご遠慮なくご相談ください。


PAGE TOP