医療関係の皆様へ

To medical professionals

乳腺・内分泌グループ

科学的根拠にもとづいたがん治療の提供

先生方からご紹介いただいた患者さんの病状に応じて、科学的根拠にもとづいたがん治療の提供を行なっております。手術療法や薬物療法などを組み合わせた集学的ながん治療では、ガイドラインなどにもとづいて、それぞれの患者さんに最適な標準的方法を呈示し、十分な相談のもとに行っています。また、状況に応じて新しい治療法 (臨床試験・治験への参加) もお勧めしています。できる限りふだんと同じ生活をしながらの通院治療をしていただけるよう配慮しています。

地域がん診療拠点病院としての診療の提供

大阪市立大学医学部附属病院は国による『地域がん診療拠点病院』として指定を受けており、他の拠点病院や地域の病院・診療所と相互に連携し、地域におけるがん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケアの充実、在宅医療の支援、がん患者・家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供といった、がんに関わる様々なニーズに対して、より充実した医療・サービスを提供できるよう心がけています。また『大阪府がん地域連携パス』により、先生方とともにがん診療に取り組めるように『乳がん術後連携パス』などを活用しており、これまで200件を超える患者さまの連携を実践させていただいています。

診療・研究・教育機関としての使命

大学病院の使命は、高度な水準での診療・研究・教育です。わたくし達は乳がんおよび甲状腺がんにおいて、科学的妥当性や合理性に裏打ちされたがん診療を目指しております。『トランスレーショナルリサーチ (TR) 』とは、分子生物学などの基礎研究を実臨床に応用 (translate) するための研究です。現在、“トリプルネガティブ乳癌をはじめとする難治性乳癌の克服” および “難治性甲状腺癌に対する治療法の基礎的研究と臨床応用” を研究の課題とし、実臨床に生かせる基礎研究を推進しています。国内外の学会で高い評価をいただいており、質の高い研究と臨床の実践の場となっております。


乳腺・内分泌グループ 手術件数

年間症例数(2016年)

乳腺領域 244例
癌初発 205例

 (Bp 12例,Bp+Ax 13例,Bp+SN 69例,Bt 5例,Bt+Ax 24例,Bt+SN 47例,SN 15例)

形成再建手術 20例

(一期再建 9例,エクスパンダー挿入 11例)
温存率 55.8%

癌再発 13例  (Ax 5例,Bt 3例,Tm 5例)
良性 26例  (乳管内乳頭腫 7例,葉状腫瘍 8例,乳腺線維腺腫 8例, その他 3例)
SN生検 150例 同定率100%
    Bp:乳房温存手術.Bt:乳房切除術.SN:センチネルリンパ節生検.Ax:腋窩リンパ節郭清.Tm:腫瘤切除
内分泌領域 152例
甲状腺 116例  
  癌初発 75例

 (全摘 37例, 葉切除 38例)

  癌再発 16例

 (リンパ節郭清 13例, 残全摘 3例)

  良性疾患 25例  (バセドウ病 15例, 腺腫 9例, プランマー病 1例)
副甲状腺 26例


  原発性副甲状腺機能亢進症 25例  (1腺摘出 23例, 4腺摘出 1例, 2腺摘出 1例)
  副甲状腺癌再発 1例 (リンパ節郭清 1例)
副腎 10例


  腹腔鏡下副腎摘除 9例 (褐色細胞腫 1例, クッシング症候群 4例, アルドステロン症 3例, 非機能性副腎腫瘍 1例)
  開腹下副腎摘除 1例 (褐色細胞腫 1例)
局所麻酔下の手術 147例  

年間症例数(2015年)

乳腺領域 221例
癌初発 191例

 (Bp 14例,Bp+Ax 16例,Bp+SN 70例,Bt 4例,Bt+Ax 27例,Bt+SN 47例,SN 13例)

形成再建手術 18例

 (一期再建 13例,エクスパンダー挿入 3例,植皮 1例)
温存率 56.2%

癌再発 18例  (Bt+Ax 5 例,Ax 4例,Bt 4例,Tm 5例)
良性 12例  (乳管内乳頭腫 1例,葉状腫瘍 5例,乳腺線維腺腫 6例)
SN生検 136例 同定率100%
   

Bp:乳房温存手術.Bt:乳房切除術.SN:センチネルリンパ節生検.Ax:腋窩リンパ節郭清.Tm:腫瘤切除

内分泌領域 147例
甲状腺 115例  
  癌初発 72例

 (全摘 43例, 葉切除 29例)

  癌再発 15例

 (リンパ節郭清 12例, 残全摘 3例)

  良性疾患 27例  (バセドウ病 6例, 腺腫19例, プランマー病 2例)
  後出血 1例  (止血術 1例)
副甲状腺 20例

 

  原発性副甲状腺機能亢進症 19例

 (1腺摘出 17例, 4腺摘出 1例, VATS-1腺摘出 1例)

  副甲状腺癌 1例  
副腎 12例


  腹腔鏡下副腎摘除 12例

 (褐色細胞腫 1例, クッシング症候群 1例, アルドステロン症 5例, 非機能性副腎腫瘍 5例)

局所麻酔下の手術 82例  

年間症例数(2014年)

乳腺領域 234例
癌初発 201例

 (Bp 11例,Bp+Ax 21例,Bp+SN 67例,Bt 5例,Bt+Ax 27例,Bt+SN 37例,SN 14例) 一期再建 19例
温存率 52.9%

癌再発 16例  (Ax 4例,Bt 12例)
良性 16例  (乳管内乳頭腫 2例,葉状腫瘍 7例,乳腺線維腺腫 7例)
リンパ瘻閉鎖術 1例  (難治性リンパ瘻 1例)
SN生検 136例 同定率100%
    Bp:乳房温存手術.Bt:乳房切除術.SN:センチネルリンパ節生検.Ax:腋窩リンパ節郭清.Tm:腫瘤切除.
内分泌領域 167例
甲状腺 130例  
  癌初発 79例

 (全摘 36例, 葉切除 40例, 生検 3)

  癌再発 19例

 (気管食道瘻切除 1例, リンパ節郭清 12例, 残全摘 6例)

  良性疾患 31例  (バセドウ病 3例, 腺腫25例, 腺腫様甲状腺腫 2例, プランマー病 1例)
  後出血 1例  (止血術 1例)
副甲状腺 26例

 

  原発性副甲状腺機能亢進症 26例

(1腺摘出 25例, 4腺摘出 1例)

  副甲状腺癌 1例  
副腎 11例


  腹腔鏡下副腎摘除 9例

 (褐色細胞腫 2例, クッシング症候群 0例, アルドステロン症 3例, 非機能性副腎腫瘍 4例)

開腹下副腎摘除 2例  (褐色細胞腫 2例)

年間症例数(2013年)

乳腺領域 235例
癌初発 202例

 (Bp 11例,Bp+Ax 8例,Bp+SN 64例,Bt 11例,Bt+Ax 36例,Bt+SN 37例,SN 21例) 一期再建14例、温存率 59.8%

癌再発 16例  (Ax 4例,Bt 12例)
その他 17例   (乳管内乳頭腫 3例,葉状腫瘍 7例,乳腺線維腺腫 7例)
SN生検 140例 同定率100%
    Bp:乳房温存手術.Bt:乳房切除術.SN:センチネルリンパ節生検.Ax:腋窩リンパ節郭清.Tm:腫瘤切除
内分泌領域 147例
甲状腺 105例  
  癌初発 61例

 (全摘32例,葉切除29例)

  癌再発 15例

 (リンパ節郭清12例,残全摘3例)

  良性疾患 29例  (バセドウ病8例,腺腫18例,腺腫様甲状腺腫2例,プランマー病1例)
  後出血 1例  (止血術 1例)
副甲状腺 27例

 

  原発性副甲状腺機能亢進症 27例

 (1腺摘出 27例)

副腎 15例


  腹腔鏡下副腎摘除 13例

 (褐色細胞腫 0例,クッシング症候群 3例,アルドステロン症 5例,非機能性副腎腫瘍 5例)

開腹下副腎摘除 2例  (副腎癌 1例, パラガングリオーマ 1例)


PAGE TOP