患者様へ

To patient

上部消化管グループのご紹介

集学的治療で根治を目指す

私たち上部消化管グループは食道癌、胃癌を主として、上部消化管に関する外科治療を担当しております。

取り扱っている疾患

食道癌 食道裂孔ヘルニア
食道アカラシア 胃癌
胃に発生する消化管間質性腫瘍(GIST)を初めとする胃の粘膜下腫瘍(SMT)

胃癌には、生物学的に特性の異なる様々なタイプがありますが、これまでの治療成果をもとに、胃癌治療ガイドライン (リンク)の記載に則って個々の症例に合わせた治療を行っております。当科では日本内視鏡外科学会技術認定医が3名在籍しており、早期胃癌では腹腔鏡を用いた手術を積極的に行っています。進行癌では手術を中心に化学療法の併用治療を外来や入院にて行っており、患者さん個人に合わせた治療を心がけております。
また最新の治療も受けていただくために各種臨床試験グループにも属しており、現在の“標準的な治療方法”のみだけでなく、先進的で今後の可能性を含んだ治療法などについても説明し、十分な理解をいただいた上で治療方法を決定するように心がけています。

食道

食道がんは治療選択の幅が広くその治療方針を決めるためにも的確な術前診断が必要です。その診断結果をもとに、患者さんの病状と治療の選択肢を充分時間をかけ理解できるように説明し、治療方針を決めていただくことに努めています。外科治療のみならず内視鏡治療や化学放射線治療など他診療科と協力して治療にあたります。
食道がんはその解剖学的特性とがん自体の悪性度も高く、手術治療は難易度が高くその的確な遂行には高度の医療レベルを要すると言われています。当科では食道外科専門医2名が在籍しており、治癒を目指した治療を安全に行うべくこころがけております。食道癌の手術は体に負担の大きい手術ですが、近年の胸腔鏡手術や周術期管理の発達、集中治療により、多くの患者さんが外科治療により「がん」を克服できるよう全力を尽くします。


PAGE TOP