. 外科学第1・第一外科 .
.
開業医・医療関係者の方
開業医・医療関係者の方
医局の歴史
取扱疾患について
第一外科組織
診察担当表
手術実績
研究実績
関連病院
関連学会
お問い合わせ
交通のご案内

医療関係者の皆さまへ

平川 弘聖
平川 弘聖

私どもの消化器・乳腺内分泌外科では消化器外科領域のすべての疾患ならびに乳腺と内分泌の疾患を担当しており、手術件数は年間800件を越えております。

特に悪性腫瘍については国内でも有数の患者数を誇っています。当科で扱っている腫瘍は食道癌、胃癌、大腸癌、消化管間葉系腫瘍ならびに肝胆膵領域の肝癌、胆道癌、膵癌と甲状腺癌、乳癌などです。また、癌以外にも炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、副甲状腺(上皮小体)や副腎の腫瘍、食道裂孔ヘルニア、鼡径ヘルニア、食道・胃静脈瘤、脾臓疾患などの治療も積極的に行っており、豊富な臨床経験を持っております。さらに、最近では各種疾患に鏡視下手術を積極的に行っております。この手術は腹や胸にカメラを挿入し、テレビ画面を見ながら手術を行うため、大きな傷をつける必要がなく、患者の負担や痛みが軽減されます。この鏡視下手術は食道癌、胃癌、大腸癌、消化管の良性腫瘍、食道裂孔ヘルニア、潰瘍性大腸炎、副腎腫瘍、脾臓摘出、胆嚢摘出などで行っています。

ほとんどのスタッフは日本消化器外科学会の専門医ならびに指導医であり、さらに9名の日本消化器外科学会評議員が在籍しております。乳腺内分泌外科においても専門のスタッフが治療を担当しております。

 
 
←ホーム
.
-