研究案内

research information

下部消化管グループ

臨床試験

2017年7月現在行っている臨床試験・基礎研究は下記のとおりです。
治療成績向上に向けた様々な取り組みを行っております。

自施設単独研究もしくは市大関連病院との共同研究

2011年3月~

局所進行下部直腸癌に対するcapecitabine/bevacizumab 併用術前化学放射線療法第1相試験              UMIN000005289

2013年3月~

局所進行直腸癌に対するCapecitabine/Bevacizumab併用術前化学放射線療法第II相試験              UMIN000011365             

2016年9月~

強力な治療が適応とならない切除不能進行・再発 大腸癌に対するUFT/LV + Bevacizumab併用療法の 第Ⅱ相臨床試験    UMIN000024330             

2017年7月~

"RAS遺伝子野生型進行再発大腸癌に対するTAS-102+Cetuximab併用療法 臨床第Ⅰ/Ⅱ相試験"

参加している主な多施設共同試験

Stage II/III直腸癌に対する術後補助化学療法としてのS-1とUFTの無作為化比較第Ⅲ 相試験JFMC-35試験(ACTS-RC)
がん集学的治療財団
症例集積終了。

StageⅡ/StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法の認容性に関する検討
がん集学的治療財団
症例集積終了。

ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究 JFMC-50試験
がん集学的治療財団
2017/7月開始予定

基礎研究

大腸癌における微小環境が予後や治療効果に及ぼす影響
大腸癌における炎症の意義
大腸癌におけるmicroRNAが化学療法に及ぼす影響


PAGE TOP