大阪市立大学 大学院医学研究科 泌尿器病態学

  • 尿路結石症グループ
  • 腫瘍グループ
  • 人工腎グループ
  • 腎移植グループ
  • アンドロロジーグループ
  • 排尿困難グループ
  • 研究計画の公表
  • 研究会世話人一覧

外来診療担当表

研究医等募集情報

人工腎グループ

概要:透析療法における大阪市立大学人工腎部の歴史は古く、1966年から人工透析室を開設しています。当院の人工腎部では、慢性腎不全患者、急性腎不全患者の血液透析を始め、その他、腹膜透析療法、CHDF、CHF、CHD、血漿交換(PE)を始め各種アフェレーシス療法(DFPP、DHP、GCAP、LCAP、VRAD、etc)を日常臨床の中で行っております。

手術:外科手術に関しては、バスキュラーアクセス関連手術(内シャント、人工血管、動脈表在化、PTA、動脈瘤切除、etc)、腹膜透析関連手術、PTX(副甲状腺全摘術)、手根管開放術、ばね指根治術等を年間200例程度行っております。
研修システム:研修システムとしては、人工腎部ローテーションの3カ月間の間(希望により延長可)に、慢性腎不全の管理、透析導入、急性腎不全の管理法を中心に、血漿交換を始めとした各種アフェレーシスを学びます。腎不全外科としての実技に関してはバスキュラーアクセスPTA(経皮的血管拡張術)の習得(約10例の執刀を目標)と内シャント造設術の習得(執刀2例、助手8例目標)、ダブルルーメンカテーテル挿入術の習得(5例程度)及びバスキュラーアクセス穿刺の技術習得を行います。また、大学院生の募集も行っております。詳細は腎不全外科担当長沼まで。
研究および学会活動:学会活動に関しては、大阪透析研究会、大阪CAPD研究会、大阪アクセスケア研究会、大阪透析腎不全フォーラムの事務局を有しております。現在までに、日本透析医学会総会、国際血液浄化学会(ISBP)、日本HDF研究会、大阪透析研究会等を主催しております。

今後の開催予定学会



研究活動に関しては

  • 1) 透析液浄化、エンドトキシンに関する基礎研究
  • 2) 透析患者のtoll-like receptorに関する基礎研究
  • 3) 透析患者の赤血球寿命に関する基礎研究
  • 4) CAPDカテーテルの新しい素材開発に関する基礎研究
  • 5) 無酢酸透析に関する臨床研究
  • 6) 透析患者のBNPに関する臨床研究
  • 7) 透析患者の脳MRI所見に関する臨床研究
  • 8) 慢性腎臓病(CKD)に関する臨床研究

等、幅広く行っております。

病院教授 武本 佳昭
講 師 長沼 俊秀
平成29年4月現在

ページトップへ