大阪市立大学 大学院医学研究科 泌尿器病態学

  • 尿路結石症グループ
  • 腫瘍グループ
  • 人工腎グループ
  • 腎移植グループ
  • アンドロロジーグループ
  • 排尿困難グループ
  • 研究計画の公表
  • 研究会世話人一覧

外来診療担当表

研究医等募集情報

排尿困難グループ(神経因性膀胱グループ)

 当グループでは、排尿障害全般に関する診療および研究を行っています。排尿障害は、非常に多くの疾患と関連があり、網羅すべき範囲は広い。臨床では、前立腺肥大症、過活動膀胱、狭義の神経因性膀胱(中枢、末梢神経障害による)のほか、最近では間質性膀胱炎等、幅広い疾患群の診断治療を行っています。
 特に間質性膀胱炎については、レーザー焼灼・膀胱水圧拡張術、高気圧酸素療法などの高度先端医療を行うことにより、内服薬、膀胱内注入療法や生活習慣改善では効果の見られない難治性のタイプに対しても、効果をあげており、論文発表も積極的に行っている。

 研究面では、間質性膀胱炎の診断マーカー・治療薬・治療法の探索に関する研究に重点を置いているほか、前立腺肥大症や過活動膀胱についても研究を行っています。

 その他、LUTS治療薬の前向き研究、OABの臨床研究、BPH / LUTSとCKDの関連に関する臨床研究も行っております。