大阪市立大学 大学院医学研究科 泌尿器病態学

専門外来の案内と紹介

【男性不妊症外来】 (第2,4週の火曜日:午後)

男性不妊症外来は第2週、第4週の火曜日の午後に専門外来として行っております。
不妊の原因は女性だけではなく、約半数に男性側の原因が存在します。男性不妊症の原因で最も多いのは特発性で、約6割程度を占めています。次に多い原因は精索静脈瘤で、手術によって改善する可能性が高い疾患です。
当外来では問診と診察、テストステロン等ホルモン検査等の血液検査を最初に行い、精巣の高音波検査にて精巣、精巣上体のスクリーニングを行います。更に精液検査を行い、必要に応じて染色体検査等専門的な検査を追加します。治療として、男性不妊症の原因に応じて、漢方薬の投薬、ホルモン注射等を行います。
男性不妊症の可能性があると思われた方は、男性不妊外来を受診され、一度精液検査を受けられることをお勧めします。

担当:鞍作克之