大阪市立大学 大学院医学研究科 泌尿器病態学

専門外来の案内と紹介

【尿路結石外来】 (金曜日:午後)

本邦における結石罹患率は過去40年で約3倍に増加しています。その一因は食生活を含めた生活習慣の欧米化にあるとされ,メタボリックシンドロームとの関連も指摘されています。また、慢性腎臓病(CKD)の一因ともなる尿路結石症は隠れた生活習慣病と言えます。その一方で、尿路結石症の治療は近年劇的な変貌を遂げ、治療手段は低侵襲下すると共に著しく多様化しています。

当外来では尿路結石症結石治療(体外衝撃波結石破砕術:ESWL,経尿道的結石破砕術:TUL,経皮的結石破砕術:PNL)とその後の再発予防・CKDの進行のチェックなどを中心に金曜日の午後に行っております。

対外式衝撃波結石破砕術(ESWL)

担当:井口太郎

ページトップへ