大阪市立大学 大学院医学研究科 泌尿器病態学

専門外来の案内と紹介

【セカンド・オピニオン外来】 (面談日時:要相談)

現在、他の医療機関で診断・治療をうけているが、セカンド・オピニオン(2番目の意見)として当院での意見も聞いてみたいという方のための外来です。現在の診断・治療方針に疑問を持たれたり、他の可能性も探ってみたい方にとって、セカンド・オピニオンを求めることは至極当然の話ですが、あまり一般に知られていないこともあります。以下にセカンド・オピニオン外来の概要を説明いたします。

1.自由診療(自費)であり、保険診療ではありません。病院によってその費用もまちまちです。

2.一般の診療よりも時間をかけるため(およそ30分から1時間)、予約が必要です。問い合わせ・申込は、平日午後1~3時に06-6645-3399まで。面談日時は相談の上で決めさせていただきます。

3.現在受診中の医療機関からの診療情報の提供(紹介状)は必須です。

4.お持ちいただいた資料(紹介状、レントゲン・フィルム、検査結果など)から当方担当医の意見を述べさせていただきます。本来、1回の面談で完結です。紹介元である現在の主治医への返事(意見)を参考に、今後の方針を現在の主治医とお話していただくことになります。

5.今ある情報によって判断することが原則ですので、紹介元に追加検査などを勧めることはあっても、来院当日に当方で検査を追加したりすることはありません。

6.現在受診中の医療機関からの紹介状には「セカンド・オピニオン」としてあるのですが、実際には転院目的で来院される(本来のセカンド・オピニオンの趣旨からははずれる)というケースがなかにあります。このような場合で当院に転院されるときには、次回の診療からは一般の診療と同じになります。(保険も適用されます)

担当:川嶋秀紀