講 師 田中 智章 (Tomoaki Tanaka)
講師 田中智章
経 歴 昭和61年 兵庫県立洲本高等学校卒業
平成 5年 高知医科大学医学部卒業
平成 5年 大阪市立大学医学部附属病院泌尿器科研修医
平成 5年 医療法人生長会府中病院泌尿器科
平成 6年 大阪市立大学大学院博士課程生理系解剖学
平成10年 大阪市立十三市民病院泌尿器科臨床研究医
平成12年 大阪市立大学医学部附属病院泌尿器科
後期臨床研究医
平成12年 テキサス州立大学ヒューストン校内科学講座
分子生物医学部門・ポストドクトラルフェロー
平成15年 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学
病院講師
平成16年 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器
病態学助手
所属学会 日本泌尿器科学会 日本アンドロロジー学会
日本透析医学会 泌尿器分子細胞研究会
日本Endourology&ESWL学会
日本排尿機能学会
専門分野 尿路悪性腫瘍,排尿障害
前立腺癌ホルモン非依存性, 骨転移にかかわる基礎研究
資格・役員 日本泌尿器科学会 指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会 腹腔鏡技術認定医
趣 味 旅行 映画鑑賞 お酒
泌尿器科に
入って
よかったこと
泌尿器分野の外科医として早くから多くの症例を経験ができ、オペのスキルも比較的短期間で養成可能である。
教授をはじめスタッフ全員が若手医師の教育に熱心で、粘り強く指導される。
大阪市大
泌尿器科の
アピール
大学院進学など基礎研究に携わる機会が均等に与えられ、希望があれば海外留学も可能である。