倉恒客員教授 挨拶


大阪市立大学医学部 客員教授
大阪大学大学院医学系研究科 招へい教授

 慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome:CFS)とは,米国疾病対策センター(CDC)が組織した研究者グループにより,原因不明の強度の慢性疲労を特徴とする病態の解明に向けて,調査対象を明確にするために作成された調査基準の名称です.
 1984年,米国ネバダ州において激しい倦怠感とともに脱力,全身の痛み,思考力低下,睡眠異常などが長期に続くため,日常生活や社会生活に支障をきたすような患者の集団発生が報告されました.米国疾病対策センター(CDC)は研究者グループを組織して病因ウイルスの調査を行いましたが,病原ウイルスと呼べるようなものは特定できませんでした.そこで,病因解明に向けての調査対象を明確にするための1つの調査基準をl988年に発表しました.これが,その後世界中で広く診断基準として利用されるようになったCDC診断基準です.
 一方,英国ではCFSという概念が発表される以前より,ウイルス感染症などを契機とし全身の筋肉痛や倦怠症状を主な兆候とする病態を筋痛性脳脊髄炎(myalgic encephalomyelitis:ME)と診断してきました.MEという診断名は,いくつかの集団発生が確認されたことや中枢神経症状がみられることより,ウイルス感染に基づく脳神経系の炎症を想定し,全身の筋肉痛を主症状としていることより名付けられた臨床的な診断名です.2011年には,国際的なME診断基準が発表されており,最近の医学雑誌ではME/CFSとしてこの病気を取り上げているものが多くあります.
 日本においては,1990年に内科学会地方会でCFS症例が報告されたことがきっかけとなり,1991年に旧厚生省CFS研究班(班長:木谷照夫,大阪大学)が発足し,9年間に渡って病因・病態の解明,治療法の開発に向けた臨床研究が実施されています.当初は,CFSをウイルス感染症に基づく病態と想定し,原因ウイルスを探す研究が盛んにおこなわれましたが,多くのCFS患者に共通した病因ウイルスは見出すことはできませんでした.一方,多くのCFS患者では保険診療では明らかにできなかったような神経系,免疫系,内分泌系の異常が存在していることも判明した.そこで,研究班ではCFSは種々の感染症や生活環境ストレスに伴うウイルス再活性化により惹起された神経系,免疫系,内分泌系の異常に基づく複雑な病態であるという仮説を提唱し,病因・病態解明に向けた臨床研究継続の必要性を訴えてきました.
 なお,CFSでは疲労という誰もが日常生活で経験している症状を病名として用いていることより,「症状を過剰に表現しているだけではないか」「さぼっているのではないか」といった誤解や偏見を受けやすい問題が指摘されていたことより,厚生労働省「慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発」研究班(代表:倉恒弘彦)の臨床診断基準検討委員会において,2016年4月以降は世界的に広く用いられている筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)を正式病名として用いることが決められています. 
 2015年,大きな転機がありました.それは,米国国立衛生研究所(NIH)やCDCに勧告する立場にある全米アカデミーの医学研究所(IOM)が,世界中で報告されてきたCFSやMEに関する論文9112編をレビューし,ME/CFSに対する新たな疾病概念として全身性労作不耐疾患(SEID)を提唱したことです.この提言では,ME/CFSを患者の健康や活動に深刻な制限をもたらす全身性の複雑な慢性疾患であると認定し,臨床医に対してME/CFSは重篤な全身疾患であることを理解して,診断,治療に取り組むようにと呼び掛けています.この発表を受け,NIHでは全国の国立神経疾患・脳卒中研究所が中心となって対応することを決めるとともに,NIHクリニカルセンターにおいて,病因・病態の解明に向けた臨床研究を開始しました.
 日本においても,大阪市立大学,国立研究開発法人理化学研究所の研究グループが脳内神経炎症(ミクログリアの活性化)を直接調べることができる特殊な検査法(ポジトロンCT)を用いた臨床試験により,ME/CFS患者では視床,中脳,橋などにおいて神経炎症がみられ,炎症の程度と臨床病態に関連があることを2014年に世界で初めて報告し,大規模な臨床確認試験を実施しています.
 日本のどこにおられても、プライマリケアを担っている医療機関により客観的な疲労評価法により疲労病態が評価・診断され、適切な治療がおこなわれることを心より願っております.