研修システム

レ ジ ナ ビ も 参 照 く だ さ い

循環器ローテート研修
 研修医、研究医に関して、あるいは私たち大阪市立大学医学部循環器病態内科に関してのお問合せ、質問などがあれば下記のメールアドレスまでお寄せください。担当者よりできるだけ速やかに返信させていただきます。

 E-mail junnai@med.osaka-cu.ac.jp

facebook 始めました。

<循環器ローテート研修>

心臓カテーテル部門研修到達目標

総論
心臓カテーテル検査、冠インターベンション(PCI) の適応と方法が理解できる。診断カテーテル検査が安全に施行でき、治療方針の決定ができる。PCI後の管理ができる。
各論
4ヶ月位まで
1:心臓カテーテル検査の適応、方法、合併症が理解できる。
2:心内圧曲線を理解し血行動態が把握できる。基本的な造影が読影できる。
3:基本的な診断カテが施行できる。

6ヶ月まで
1: PCIの適応、方法、合併症が理解できる。
2: PCIの準備ができ、第一術者の補助ができる。PCI後の管理ができる。場合によっては簡単なPCIを施行することができる。
3:補助循環(IABP, PCPS)の適応を理解し、管理ができる。
4:最新の文献を理解し、診療に役立てることができる。

心エコー部門研修到達目標

総論
 心エコーの基本的な判読ができるようになり、心エコーを用いた循環器診療ができること。

各論
1. 心エコーに必要な心臓の解剖が理解できる。
2. 経胸壁心エコーにて、基本的断面が描出できる。
3. 経胸壁心エコーを用いて心機能(収縮能、拡張能)が評価できる。
4. 心エコーを用いて弁膜症の重症度が評価でき、手術適応が判断できる。
5. 負荷心エコー図の適応と禁忌が判断できる。
6. 経食道心エコーの適応と禁忌が判断できる。
7. 代表的疾患の経食道心エコー図が判読できる。

不整脈部門研究医研修到達目標

総論
 循環器医として不整脈の診断、治療方針の決定、治療効果の判定ができるようになること。

各論
1. 12誘導心電図、Holter ECGによる不整脈診断ができる。
2. 抗不整脈薬の種類と適応を理解し、適切に薬物治療を行うことができる。
3. 臨床電気生理学的検査と非薬物療法(カテーテル心筋焼灼術、ペースメーカー植込み術、両心室ペースメーカー植込み術、植込み型除細動器植え込み術)の適応を理解し、その実際を経験する。

CCU部門研修到達目標

総論
 循環器を中心として救急医療の実践に必要なチーム医療を理解し、即座に対応できる判断力と診断治療技術を習得する。

各論
1.循環器救急疾患の病態を判断できる。
2.気管内送管ができ、基本的な人工呼吸器管理ができる。
3.中心静脈が確保できる。
4.DCカウンターショックができる。
5.緊急カテーテル検査の適応が判断できる。
6.IABP、PCPSの適応、禁忌が判断できる。
7.緊急ペーシングができる。
8.スワンガンツカテーテルが挿入でき、血行動態が把握できる。
9.重症心不全が管理できる。
10.重症不整脈が管理できる。