大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学

診療・地域連携

肝炎デーイベント(おおさか肝炎デー)

世界保健機関(WHO)は、2010年より毎年7月28日を世界肝炎デーと定め、ウイルス性肝炎(B型肝炎・C型肝炎)のまん延防止および患者・感染者への差別・偏見の解消、感染予防の推進を図ることを目的とした啓発活動を行っています。日本でも2012年7月28日を「第1 回日本肝炎デー」と制定し、世界肝炎連盟が展開する世界肝炎デーの活動に参加しています。大阪市立大学医学部附属病院でもこの活動に参加し、2015年から肝炎デーイベントを実施しています。このイベントは、大阪市大病院を飛び出して市民公開講座として実施しています。

おおさか肝炎デー2021
市民公開講座  開催済み

こちらのイベントは終了しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
視聴期間 2021年8月1日(日)~2021年8月31日(火)
内容
  • たかが脂肪肝、されど脂肪肝!
    先端予防医療学 講師 藤井 英樹
  • 切らずに治す!肝がん治療
    肝胆膵病態内科学 講師 打田 佐和子
  • 抗がん剤治療はすごい効果、でもすごく高価!
    肝胆膵病態内科学 講師 萩原 淳司
  • 知っていますか?肝がん、肝硬変の治療も助成されます!
    肝胆膵病態内科学 病院講師 小塚 立蔵
  • 「のり」とおしゃべりしよう
    肝胆膵病態内科学 教授 河田 則文

新着情報