大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学

後期臨床研修プログラム

大学院について

後期研修終了後、大学院在籍中または修了後に留学する機会がある。

1.臨床的研究テーマ

  • B・C型慢性肝炎患者の網羅的疫学解析。
  • B型慢性肝炎の病態解析と新しい抗ウイルス療法の探索。
  • C型慢性肝炎の病態解析とインターフェロンを中心とした新しい抗ウイルス療法の検討。
  • 抗ウイルス療法や栄養療法による肝発癌予防。
  • 肝癌に対する超音波・腹腔鏡下アプローチによる治療法の開発。
  • 進行肝癌に対する化学療法の工夫。
  • 脂肪肝ならびに非脂肪性肝炎の病態解析と治療法の開発。
  • 非侵襲的肝線維化マーカーの探索。

2.基礎的研究テーマ

  • B・C型肝炎ウイルスのダイナミクスとウイルスゲノム変異の解析。
  • ウイルスDNAのヒト遺伝子への組み込みと肝発癌。
  • 肝および膵発癌とDNAエピジェネティックス。
  • 肝線維化関連遺伝子・蛋白の網羅的解析。
  • アデノウイルスを用いた肝線維化に対する遺伝子治療の開発。
  • 非アルコール性脂肪性肝炎の病態解析。

主な最近の業績

研究活動と業績の論文一覧

研究面で連携している教室

分子病態学、細胞情報学、細胞機能制御学、感染防御学、都市環境病理学、病理病態学、公衆衛生学、器官構築形態学、システム神経科学、核医学

留学について

後期研修終了後、大学院在籍中または修了後に留学する機会があります。留学についてのページをご参照ください。
留学について