大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学

研究と教育

研究費一覧

一覧表のみご覧になりたい方はコチラのPDFをご覧ください。

マウス肝癌移植モデルを利用した肝炎沈静化後ヒト肝癌再発メカニズムの解明
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額田守昭博/2021~2023/4,160千円
B型肝炎の治療抵抗性および病態進展における免疫チェックポイント分子の関与
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額榎本大/2021~2023/4,160千円
肝星細胞活性化における不可逆的スイッチ機構の解明
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額松原三佐子/2021~2023/4,160千円
Cytoglobin (CYGB)-overexpression and targeted demethylation of CYGB promoter impair liver and pancreatic tumor growth
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額HOANG HAI/2021~2023/4,160千円
脂肪酸代謝酵素蛋白 EPHX1による肝線維化メカニズムの解明
所管省庁等/研究事業公益財団法人 大阪難病研究財団
代表者/期間/総額配分額池永寛子/2021/1,000千円
活性化肝星細胞におけるDNA修復機構の解明
所管省庁等/研究事業公益財団法人 大阪難病研究財団
代表者/期間/総額配分額翁良徳/2020/1,500千円
慢性肝疾患において肝線維化が改善すると門脈圧は低下するか?
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額打田佐和子/2020~2022/3,510千円
老化関連分泌因子誘発肝がんの分子機序解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究
代表者/期間/総額配分額小田桐直志/2020~2022/4,030千円
急性発症の自己免疫性肝疾患における機能画像を用いた病態解析
所管省庁等/研究事業公益財団法人 大阪難病研究財団
代表者/期間/総額配分額小谷晃平/2019/1,000千円
肝がん微小環境におけるヒト肝星細胞由来老化関連分泌因子の機能解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 研究活動スタート支援
代表者/期間/総額配分額小田桐直志/2019~2020/2,860千円
Cytoglobin overexpression inhibits liver fibrosis and cancer development via anti-oxidant function
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額LE THUY/2019~2021/4,290千円
地元大阪の印刷所労働者胆管がん組織を使ったがん遺伝子の探索:創薬基盤の構築
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額川村悦史/2019~2021/4,290千円
リコンビナントCytoglobinを用いた脱肝線維化治療薬開発に関する研究
所管省庁等/研究事業日本医療研究開発機構研究費 肝炎等克服緊急対策研究事業
代表者/期間/総額配分額河田則文/2019~2021/28,110千円
活性化星細胞はサイトグロビンを介して肝細胞のがん化に直接的に関与するか?
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(B)
代表者/期間/総額配分額河田則文/2019~2021/14,690千円
肝がんにおける肝星細胞形質転換の意義
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額松原三佐子/2018~2020/4,420千円
B型肝炎での血清エクソソーム中にマイクロRNAを用いた新規肝発癌予測マーカーの開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究
代表者/期間/総額配分額小塚立蔵/2018~2020/4,160千円
非アルコール性脂肪肝炎の慢性炎症形成における赤血球、血小板の役割
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額藤井英樹/2017~2019/4,680千円
膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)における発癌予測技術の開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額萩原淳司/2017~2019/4,680千円
星細胞の活性化制御を基軸とする肝硬変治療薬の開発
所管省庁等/研究事業日本医療研究開発機構研究費 肝炎等克服緊急対策研究事業
代表者/期間/総額配分額河田則文/2016~2018/36,000千円
星細胞におけるサイトグロビン発現調節技術の確立による脱繊維化治療法開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(B)
代表者/期間/総額配分額河田則文/2016~2018/14,690千円
C型肝炎ウィルス排除後の肝病態に関与する因子の探索
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額田守昭博/2015~2017/4,550千円
SVR症例におけるマイクロRNAを用いた肝発がんリスクマーカーの開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額榎本大/2016~2018/4,550千円
胆汁酸の機能解析を基軸とした肝線維化抑制に関する新規標的因子の探究
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額寺西優雅/2016~2018/3,770千円
Protective role of CYGB in prevention of liver fibrosis development in vitro and in vivo
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額LE THUY/2016~2018/3,900千円
肝星細胞脱活性化剤開発による肝硬変の肝機能改善と肝発がん予防
所管省庁等/研究事業日本医療研究開発機構研究費 肝炎等克服緊急対策研究事業
代表者/期間/総額配分額河田則文/2013~2015/43,200千円
B型肝炎ウイルス構造解析による薬剤応答性の評価と新規治療薬開発に関する研究
所管省庁等/研究事業日本医療研究開発機構研究費 肝炎等克服実用化研究事業
(B型肝炎創薬実用化等研究事業)
代表者/期間/総額配分額村上善基/2013~2015/43,200千円
膵管内乳頭粘液腫瘍患者における超早期膵癌捕捉技術の開発
所管省庁等/研究事業日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業
代表者/期間/総額配分額萩原淳司/2014~2016/71,518千円
HCV排除後肝発癌におけるmiRNA 発現と遺伝子多型に関する研究
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額HOANG HAI/2014~2016/3,770千円
新規肝硬変治療薬の開発を目指した星細胞脱活性化の分子機序解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額松原三佐子/2015~2017/4,680千円
若年胆管細胞癌の遺伝的な発症リスクの検証
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額川村悦史/2015~2017/4,810千円
肝発癌例での次世代シークエンサーを用いたHBV遺伝子変異と宿主遺伝子多型の解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額小塚立蔵/2015~2016/4,030千円
星細胞サイトグロビンは慢性肝障害からの発がん過程に関与するか?
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(B)
代表者/期間/総額配分額河田則文/2013~2015/15,860千円
B型肝炎におけるマイクロRNAを用いた肝線維化マーカーの開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額榎本大/2013~2015/4,940千円
脂肪肝炎における肝脂肪化のメカニズムの解明
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額藤井英樹/2013~2015/5,070千円
非アルコール性脂肪性肝炎の病態形成におけるサイトグロビンの関与
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額LE THUY/2013~2015/4,030千円
マイクロRNAを用いた肝線維化マーカー簡易測定系の開発
所管省庁等/研究事業大阪市立大学 新産業創生研究
代表者/期間/総額配分額榎本大/2011/2,000千円
血中マイクロRNAを用いた肝線維化バイオマーカーの開発に関する研究
所管省庁等/研究事業大阪市立大学 戦略的研究(萌芽研究)
代表者/期間/総額配分額榎本大/2012~2013/2,620千円
癌微小環境形成におけるサイトグロビン陽性あるいは陰性筋線維芽細胞の役割
所管省庁等/研究事業文部科学省 新学術領域研究
代表者/期間/総額配分額河田則文/2011~2012/8,580千円
肝細胞内微量B型肝炎ウイルスの病的意義に関する研究
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額田守昭博/2011~2013/5,200千円
超音波速度の温度依存性を利用した内臓脂肪診断装置の開発
所管省庁等/研究事業キヤノン財団 研究助成プログラム「産業基盤の創生」
代表者/期間/総額配分額森川浩安/2011~2012/17,000千円
脂肪肝炎を基盤とした肝発癌におけるマクロファージスカベンジャー受容体の役割
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額藤井英樹/2011~2012/4,290千円
癌発生におけるサイトグロビン発現間葉系細胞の関与
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 挑戦的萌芽研究
代表者/期間/総額配分額河田則文/2010~2011/3,330千円
ヒト肝臓の再構築を可能とするナノフロー三次元培養装置開発研究
所管省庁等/研究事業大阪市立大学 新産業創生研究
代表者/期間/総額配分額河田則文/2010/1,940千円
温度変化を利用した新たな腹部超音波検査法
所管省庁等/研究事業大阪市立大学 新産業創生研究
代表者/期間/総額配分額森川浩安/2010/1,900千円
星細胞を標的としたマイクロRNAの強制発現による線維化治療法の開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 若手研究(B)
代表者/期間/総額配分額小川智弘/2010~2011/3,770千円
サイトグロビンノックアウトマウスを用いた肝硬変・肝癌病態解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(B)
代表者/期間/総額配分額河田則文/2009~2011/12,090千円
C型慢性肝炎の肝内マイクロRNA発現とIFN・リバビリンの治療効果
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額榎本大/2009~2011/4,550千円
脂肪性肝炎の病態形成におけるマクロファージスカベンジャー受容体の役割
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(B)
代表者/期間/総額配分額藤井英樹/2009~2010/4,420千円
インターフェロンの抗肝線維化分子機構の解明とその応用
所管省庁等/研究事業厚生労働省 肝炎等克服緊急対策研究事業
代表者/期間/総額配分額河田則文/2008~2010/51,801千円
脂肪性肝臓病の病態解明に基づく予知・予防と治療法に関する研究
所管省庁等/研究事業大阪市立大学 重点研究
代表者/期間/総額配分額河田則文/2008~2010/4,600千円
変性赤血球による非アルコール性脂肪性肝炎病態の修飾
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 萌芽研究
代表者/期間/総額配分額河田則文/2006~2007/3,100千円
肝硬変で発現誘導される細胞質グロビン蛋白(サイトグロビン)の分子機能解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額河田則文/2004~2005/3,500千円
HBV DNAのヒトゲノムへの組み込みからみた肝発癌機構の再考
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額田守昭博/2004~2006/3,000千円
星細胞と線維化肝で発現する新遺伝子stapの分子機能と臨床病態的意義の解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額河田則文/2002~2003/3,400千円
肝臓におけるプリオン発現とその臨床病態学的意義の解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者/期間/総額配分額河田則文/1999~2000/3,100千円
肝星細胞活性化の分子解析とそれを利用した肝線維化抑制法の開発
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 奨励研究(A)
代表者/期間/総額配分額河田則文/1997~1998/2,300千円
慢性肝疾患(特に肝細胞癌)におけるIRF-1の変化とIFN治療に関する研究
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 奨励研究(A)
代表者/期間/総額配分額田守昭博/1997~1998/1,700千円
肝類洞細胞に発現する特異蛋白のcDNAクロ-ニングとその機能解析
所管省庁等/研究事業日本学術振興会 奨励研究(A)
代表者/期間/総額配分額河田則文/1996/1,100千円