大阪市立大学医学部附属病院臨床研究審査委員会

研究デザインや研究計画書作成等、研究支援へのお問い合わせは下記へ
CCRI 研究相談・支援相談お申込みフォーム

事務局に関するお問い合わせはメールで承ります
ethicsアットマークmed.osaka-cu.ac.jp

匿名化システムについて

 研究にかかる試料・情報の匿名化作業システムの利用につきましては、以下の通りとします。

利用申請について

  匿名化システムの利用を希望する研究者については倫理委員会事務局に利用日の5日(土日祝を除く)以上前に
  電子メール ethics★med.osaka-cu.ac.jp (★を@に置き換えて送信してください)で「匿名化システム利用申請書」を提出してください。
  申請可能な利用日は、申請日から1か月以内とします。

  ※ 申請日が2019年6月3日であれば、申請可能な利用日は7月2日までとします。
  ※ 土日祝日も利用は可能ですが、12月29日から1月3日については利用不可能日とします。
  ※ 貸出時間は、「午前(9時~12時)」、「午後(13時~17時)」の単位とします。
  ※ 申請者は、利用者本人でなくても構いません。ただし、「システム利用者」は、ゲノム指針下における「個人情報管理者」に限ります。
  ※ その他研究の場合は、本学院内指針に基づいた個人情報の管理を行う者とします。

  なお、実施申請書に記載のない者がシステム利用者となる場合は、匿名化システム利用申請書の理由欄に内容を記載するものとします。

利用許可証の発行について

  利用希望日(第1希望日、第2希望日)及び利用者等を確認後、匿名化システム利用許可証を発行し、利用日の前日までにご連絡します。
  ※ 利用許可書の受け取りは、利用者本人でなくても構いません。

「ID」と「パスワード」について

  システムの利用には、「ID」と「パスワード」を所属毎に設定する必要があります。
  初回利用時に「ID」と「暫定パスワード」をお知らせします。初回ログイン後速やかに「暫定パスワード」を変更してください。
  「ID」と「変更後パスワード(以下、パスワードとする)」は、その後もシステム利用時に使用しますので所属で保管願います。
  「ID」と「パスワード」が分からなくなった場合等は申請時にご連絡願います。

事前準備用データについて

  Excelシートに「匿名化コード」、「採取日」、「患者ID」、「採取検体」、「検体種別」、「備考」の記載欄を設けてください。
  「匿名化コード」以外の項目を記入して匿名化を行うデータファイルを作成してください。

システム利用時の入退出について

  システムの利用者は匿名化システム利用許可証を医学部学舎防災センターへ提出し、必要事項を記入し、鍵の貸し出しを受けてください。
  鍵の貸し出しの際は、医学部学舎防災センターにおいて職員証の提示が必要となります。
  また、必ず入退室時刻及びシステム利用者のサインの記入が必要となります。
  データの匿名化処理後、施錠後のうえ鍵を医学部学舎防災センターに返却してください。

システムの利用に関する注意点について

  システム操作は、研究者の方にお願いしています。倫理委員会事務局では対応しておりません。
  システム利用時におけるトラブル等については、倫理委員会事務局(内線3456)までお問合せください。
  なお、土日祝の利用時にシステムの異常等が認められた場合、システムをそのままの状態で退室し、翌業務日にご連絡ください。

匿名化システムに関する様式・マニュアル

利用申請様式 ・匿名化システム利用申請書 書式ダウンロード 記入例 書式ダウンロード
事前準備様式 ・匿名化データ入力用ファイル 書式ダウンロード
システム利用時 ・匿名化システム利用マニュアル 書式ダウンロード