本文へスキップ

教室案内


沿革

 当教室は、大阪市立医科大学として昭和23(1948)年に開講された。開講当時は公衆衛生学として、滝内秋治、堀内一彌、田中英雄の3教授で出発した。その後、田中教授は公衆衛生学第3講座として医動物学教室を創設されたので、滝内、堀内両教授によって衛生学公衆衛生学教室として2講座1教室で運営されるようになった。昭和30(1955)年に大阪市立大学医学部となったのを期に、名目上衛生学教室と公衆衛生学に分化したが、引き続き一体的運営が継承された。その後、両教室の人事の変遷に伴って両教室の分化が明確になった。その間、教室名も衛生学教室から環境衛生学教室と改名されている。そして、平成12(2000)年4月からの大阪市立大学が大学院改組に伴い都市境医学講座産業医学と改名された。教授も滝内秋治教授(昭和23(1948)年〜36(1961)年、昭和53(1978)年逝去)、堀内一彌教授(昭和24(1949)年〜47(1972)年、昭和47(1972)年逝去)、堀口俊一教授(昭和48(1973)年〜平成5(1993)年、現在名誉教授)、圓藤吟史教授(平成5(1993)年〜27(2015年)、現在名誉教授)によって主宰され、現在は5代目、林朝茂教授(平成28(2016)年〜)が主宰されている。

 教室の研究テーマについて:労働衛生の現場では生活習慣病の予防対策が重要な課題になっている。当教室では生活習慣病の予防対策に関する研究に、時代に先駆けて取り組んできた歴史がある。また、開講当初より職業性疾病の予防に関する研究が行われてきた経緯があり、現在もこれらの研究が継承されている。


教室案内

  • 教授プロフィール   
  • 沿革