大阪市立大学大学院 医学研究科 認知症病態学

研究室紹介

私たちの研究室は1998年に『脳・神経系分野』として開設され、2000年に『脳神経科学』、2016年に『認知症病態学』へと名称変更して現在に至っています。2015年4月からは現研究教授である富山が責任者となりました。当研究室では、トランスレーショナルリサーチ(基礎と臨床の橋渡し研究)に重点を置き、企業との共同研究等を通して、アルツハイマー病を始めとする変性性認知症の発症機序解明と治療薬開発に取り組んでいます。世界的に重大な社会問題となっている認知症の克服に向けて、一日も早く真に有効な予防・診断・治療法を世に出すことが私達の使命であると考えています。

新着情報

コンタクト

〒545-8585
大阪市阿倍野区旭町1-4-3
大阪市立大学大学院 医学研究科 認知症病態学
TEL
06-6645-3921
E-mail