ステージ
ホーム > 教室案内 > スタッフ紹介 > 特任講師 加瀬哲男
加瀬哲男
特任講師
加瀬 哲男
Tetsuo Kase, PhD

プロフィール

役職 特任講師
学歴・取得学位 博士(医学) 大阪大学
所属学会 日本ウイルス学会、日本ワクチン学会、日本臨床ウイルス学会、
日本小児感染症学会、日本感染症学会
研究テーマ
  • インフルエンザおよびその他のウイルス性呼吸器疾患の感染症疫学および対策
  • 麻疹・風疹の感染症対策
  • 地域密着型の感染制御ネットワーク
自己紹介 生まれは市大医学部と同じ大阪市阿倍野区旭町、そのあと大阪市内で5回ほど引っ越しを繰り返し、現在は教室から徒歩5分の阿倍野区阿倍野筋に居住しています。
趣味 カメラ、写真、散歩

経歴

職歴

1979年4月〜
1992年3月
大阪府立公衆衛生研究所ウイルス課 研究員
1992年4月〜
2007年3月
大阪府立公衆衛生研究所ウイルス課 主任研究員
2007年4月〜
2015年3月
大阪府立公衆衛生研究所ウイルス課 課長
2015年4月〜
2016年3月
大阪府立公衆衛生研究所感染症部 部長
2016年4月〜
現在に至る
一般財団法人阪大微生物病研究会 顧問
2017年4月〜
現在に至る
大阪市立大学大学院医学研究科公衆衛生学 特任講師

獲得科研費

1【課題名】アデノウイルス感染症の迅速診断法の開発
【課題番号】07670418
【期間】平成7-8年度
【機関名】科学研究費補助金
【研究種目】一般研究 C
2【課題名】致死的重症肺炎を引き起こすアデノウイルス7型感染症の感染制御
【課題番号】11670403
【期間】平成11-12年度
【機関名】科学研究費補助金
【研究種目】基盤研究 C
3【課題名】ヒト個体におけるインフルエンザウイルスの変異を観察する
【課題番号】15390193
【期間】平成15-18年度
【機関名】科学研究費補助金
【研究種目】基盤研究 B
4【課題名】医療・介護福祉施設を含む地域密着型の感染制御ネットワークの構築に関する研究
【課題番号】H25-健危-一般-006
【期間】平成25-26年度
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
【研究種目】健康安全・危機管理対策事業

主要論文

  1. 加瀬哲男、前田章子、奥野良信、藤本嗣人、西村 章、加藤伴親. アデノウイルス7型感染症におけるウイルス検査. 臨床とウイルス1998; 26(4): 250-254.
  2. Kase T, Suzuki Y, Kawai T, Sakamoto T, Ohtani K, Eda S, Maeda A, Okuno Y, Kurimura T, Wakamiya N. Human mannan-binding lectin inhibits the infection of influenza A virus without complement. Immunology. 1999; 97(3): 385-392.
  3. 加瀬哲男、森川佐依子、前田章子. 1999/2000年大阪府冬期におけるRSウイルスの動向. 臨床とウイルス2001; 28(5): 353-358.
  4. Kase T, Morikawa S, Okuno Y, Maeda A, Baba K. Reinfection with antigenically similar influenza virus observed at a pediatric clinic in Osaka from December 1998 to April 2002. International Congress Series, 2004; Volume 1263, Pages 304-307.
  5. Kawai T, Kase T, Suzuki Y, Eda S, Sakamoto T, Ohtani K, Wakamiya N. Anti-influenza A virus activies of mannan-binding lectins and bovine conglutinin. J Vet Med Sci. 2007; 69(2): 221-4.
  6. 加瀬哲男. 大阪におけるオセルタミビル耐性新型インフルエンザウイルスの検出. 臨床とウイルス2010; 38(1): 94-98.
  7. Hiroi S, Izumi M, Takahashi K, Morikawa S, Kase T. Isolation and characterization of a novel recombinant human adenovirus species D. J Med Microbiol. 2012; 61(Pt8): 1097-102.
  8. Sakon N, Yamazaki K, Nakata K, Kanbayashi D, Yoda T, Mantani M, Kase T, Takahashi K, Komano J. Impact of Genotype-Specific Herd Immunity on the Circulatory Dynamism of Norovirus: A 10-year Longitudinal Study of Viral Acute Gastroenteritis. J Infect Dis. 2015; 211(6): 879-8.
  9. Hiroi S, Morikawa S, Nakata K, Maeda A, Kanno T, Irie S, Ohfuji S, Hirota Y, Kase T. Trivalent influenza vaccine- induced antibody response to circulating influenza A (H3N2) viruses in 2010/11 and 2011/12 seasons. Hum Vaccin Immunother. 2015; 11(2): 386-90.
  10. Nakata K, Fujieda M, Miki H, Fukushima W, Ohfuji S, Maeda A, Kase T, Hirota Y. .Detection of influenza vaccine effectiveness among nursery school children: lesson from a season with cocirculating respiratory syncytial virus. Hum Vaccin Immunother. 2015; 11(3): 545-52.
  11. Morikawa S, Hiroi S, Kase T. Detection of respiratory viruses in gargle specimens of healthy children. J Clin Virol. 2015; 64: 59-63.
  12. Morikawa S, Kohdera U, Hosaka T, Ishii K, Akagawa S, Hiroi S, Kase T. Seasonal variations of respiratory viruses and etiology of human rhinovirus infection in children. J Clin Virol. 2015; 73: 14-19.
  13. 加瀬哲男、森川佐依子. 原因ウイルスとウイルス別の伝播方法(特集 上気道感染症を科学する). 日本胸部臨床 2016; 75(9): 946-956.