ステージ
ホーム > 教室案内 > 教室だより 2021年

教室だより 2021年

教室だよりバックナンバー

大阪市立大学感染対策セミナー(MOIC)

標記研究会が開催されました。特別講演として和歌山県立大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科講座教授の保富宗城先生に「感染症の伝播・発症・遷延化より考える感染制御」のご講演を賜りました。ご講演は保富先生の教室の基礎研究のご紹介から、臨床まで幅広い内容でしたが、たいへん示唆に富むご講演で、新型コロナウイルス感染症の診療や感染対策にも結びつく内容で大変勉強になりました。保富先生ありがとうございました。

卒業おめでとう

卒業おめでとう 卒業おめでとう
医学部卒業式が開催されました。卒業おめでとうございます。ILOHAに参加してくれていたメンバーと記念写真を取りました。当日は感染対策に気をつけながら、大講堂で教官との懇親会が行われました。No alcohol, No food, with maskでしたが、良い懇親の時間を持つことができました。本6年生はコロナ禍で、十分な病院実習ができなかったことが大変残念でしたが、4月からは医師としての第一歩を踏み出します。しっかり前を向いて、一歩一歩進んで下さい。教授陣による卒業お祝いポスターでは、私から「勇往邁進」を送らせていただきました。

Infection Spring Seminar 2021 in Osaka
〜感染症治療の基本と実践〜

Infection Spring Seminar 2021 in Osaka〜感染症治療の基本と実践〜 Infection Spring Seminar 2021 in Osaka〜感染症治療の基本と実践〜
標記研究会が開催されました。Infection Seminarは例年夏に開催されていましたが、新型コロナウイルス感染症のまん延の影響で春に延期となり、今回は完全Web開催で行われました。特別講演Iとして、国立感染症研究所真菌部部長の宮崎義継先生に「つぎつぎと顕在化する新興真菌症〜Candida aurisなど〜」を、特別講演IIとして東北文化学園大学医療福祉学部抗感染症薬開発研究部門特任教授の渡辺 彰先生に「23価肺炎球菌ワクチン(PPSV)の最新の話題」のご講演を賜りました。土曜日の午後にも関わらず、多くの方々にご参加いただきました。宮崎先生、渡邉先生、ありがとうございました。今回はWeb開催でしたが、はやく対面で勉強会が開催できることを期待しています。

第3回大阪AMR対策研究会

標記研究会が開催されました。特別講演では札幌医科大学医学部 感染制御・臨床検査医学講座教授の高橋 聡先生に「尿路感染症の治療の適正期間」のご講演を賜りました。尿路感染症は外来・院内でも頻度の高い感染症です。高橋先生には尿路感染症基礎知識や耐性菌の検出状況、その適切な治療薬や治療期間についてわかりやすく解説いただきました。当日はWeb開催でしたが、多くの皆様に拝聴いただきました。高橋先生、ありがとうございました。

院内感染対策講習会

院内感染対策講習会 院内感染対策講習会
標記講習会が開催されました。今回は、長崎大学臨床感染制御学分野および長崎大学病院感染制御教育センター教授の泉川公一先生に「医療従事者のための職業感染対策〜自らの身を守るために、COVID-19対策を含めて」のご講演を賜りました。COVID-19の感染対策をはじめ、長崎大学病院の取り組みをご教授いただきました。当日はメディックス会議室の会場とWebで多くのスタッフが聴講させていただきましたが、実践に役立つ内容が満載で大変勉強になりました。泉川先生、ありがとうございました。

第13回Infection control forum in Southern Area of Osaka(ISAO)

第13回Infection control forum in Southern Area of Osaka(ISAO)
標記研究会がオンラインで開催されました。ISAOは大阪南部地区の感染対策の勉強会です。私からショートレクチャーとして「インフルエンザウイルス感染症診療のトピックス」を情報提供させていただいた後に、特別講演として宝塚第一病院の雪田智子先生より「感染活動における行動変容を目指して〜ICTの取り組み〜」と題してご講演を賜りました。動画を使った教育や多職種を巻き込んだ考える研修、インフルエンザすごろくなどアイデア満載の実践に役立つICT活動をご教授いただきました。参加いただいた各施設のICTメンバーも勇気を頂いたことと存じます。雪田先生ありがとうございました。
サイドメニューコンテンツ

ILOHA

研修医のための感染症予備校