市大病院トップサイトマップ
すてーじ
ホーム > 研究・業績 > 業績一覧

2017年度

論文

和文

  1. 乳がん周術期化学療法中の発熱性好中球減少症に対するモキシフロキシン塩酸塩事前処方の有用性評価
    橋正也, 橋克之, 小川和樹, 高島勉, 光川康子, 柏木伸一郎, 野田諭, 小野田尚佳, 大平雅一, 永山勝也
    医療薬学 43(10) 577-584, 2017
  2. ドセタキセル+シスプラチン+5−フルオロウラシル療法施行食道がん患者に対するペグフィルグラスチムによる発熱性好中球減少症の一次予防効果の検討
    橋克之, 豕瀬諒, 橋正也, 永山勝也
    医療薬学 43(6) 336-343, 2017

英文

  1. The Factors Reducing Relative Dose Intensity of Cisplatin and Vinorelbine as Adjuvant Chemotherapy in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer Ryo Inose, Katsuyuki Takahashi, Naruo Yoshimura, Tomoya Kawaguchi, Mitsutaka Takada, Katsuya Nagayama Oncomedicine, 2, 150-155 2017

学会発表

和文

  1. 悪性リンパ腫に対する高用量メトトレキサート療法の排泄遅延に及ぼす影響因子の解析
    豕瀬諒, 橋克之, 永山勝也
    第27回日本医療薬学会年会 千葉 2017年11月
  2. 乳がん周術期化学療法中の発熱性好中球減少症に対するモキシフロキサシン塩酸塩事前処方の有用性評価
    橋正也, 橋克之, 小川和樹, 高島勉, 光川康子, 柏木伸一郎, 野田諭, 小野田尚佳, 大平雅一, 永山勝也
    第27回日本医療薬学会年会 千葉 2017年11月
  3. グリコペプチド系抗菌薬不応性の発熱性好中球減少症に対するリネゾリド及びダプトマイシンの有効性/安全性に関する比較検討
    櫻井紀宏, 中村安孝, 川口博資, 山田康一, 掛屋弘
    第91回日本感染症学会総会・学術講演会/第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 東京 2017年4月

2016年度

論文

和文

  1. 進行再発胃癌に対するS-1+オキサリプラチン療法の忍容性に影響する因子の検討
    豕瀬諒, 橋克之, 永井大地, 徳和目篤史, 光川康子, 六車一哉, 平川弘聖, 大平雅一, 永山勝也
    医療薬学 43(3) 154-160, 2017
  2. 頭頚部癌における化学放射線療法に伴う粘膜障害に対するオピオイド疼痛管理
    河端志保, 中村安孝, 松下直樹, 高橋克之, 高橋典子, 西川武司, 井口広義, 永山勝也
    日本緩和医療薬学雑誌 10(3) 13-18, 2017
  3. 小児の発熱性好中球減少症におけるバンコマイシンの有効性と安全性に関する検討
    櫻井紀宏, 中村安孝, 山田康一, 時政定雄, 西川武司, 新宅治夫, 永山勝也, 掛屋弘
    日本病院薬剤師会雑誌 53(2) 176-180, 2017
  4. 卵巣がんに対するPegylated Lipososomal Doxorubicin療法による手足症候群発現に及ぼす影響因子の解析
    豕瀬諒, 橋克之, 西川武司, 永山勝也
    医療薬学 42(6) 460-467, 2016
  5. Anatomical Therapeutic Chemical /Defined daily dose (ATC/DDD) とDay of therapy (DOT) の評価と緑膿菌耐性率への影響
    中村安孝, 上野真希, 中家清隆, 岡田恵代, 藤田朋子, 藤本寛樹, 山田康一, 西川武司, 永山勝也, 掛屋弘
    医療薬学 42(5) 343-349, 2016

英文

  1. Protection of stromal cell-derived factor 2 by heat shock protein 72 prevents oxaliplatin-induced cell death in oxaliplatin-resistant human gastric cancer cells
    Takahashi K, Matsumoto M, Ohtsuka A, Nakayama KI, Izumi Y, Nagayama K, Miura K, Iwao H, Shiota M
    Cancer Letters.378:8-15(2016)

学会発表

和文

  1. 食道がんdocetaxel + cisplatin + 5-fluorouracil (DCF)療法に対するPegfilgrastimの有効性の検討
    橋克之, 豕瀬諒, 永山勝也
    日本薬学会第137年会 仙台 2017年3月
  2. 外来癌化学療法中の発熱に対するメシル酸ガレノキサシン水和物事前処方の有用性評価
    橋正也, 橋克之, 小川和樹, 高島勉, 光川康子, 柏木伸一郎, 野田諭, 小野田尚佳, 大平雅一, 永山勝也
    日本薬学会第137年会 仙台 2017年3月
  3. 非小細胞肺がん術後補助化学療法におけるCisplatin+Vinorelbine療法のRelative Dose Intensity低下に及ぼす影響因子の解析
    豕瀬諒, 橋克之, 永山勝也
    日本臨床腫瘍薬学会学術大会 新潟 2017年3月
  4. 血清クレアチニン低値患者におけるカルボプラチンの投与量と血小板減少に関する検討
    外間まみ, 橋克之, 橋正也, 光川康子, 福田武史, 永山勝也
    第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会 大阪 2017年2月
  5. TDMガイドライン改訂に伴うバンコマイシンの血中濃度の比較と薬剤師介入の影響
    矢野翼, 中村安孝, 川口博資, 櫻井紀宏, 高橋典子, 西川武司, 永山勝也
    第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会 大阪 2017年2月
  6. 外来化学療法センターにおけるNSTによる栄養介入の意義
    清水久実代, 花山佳子, 天野良亮, 古川祐子, 堀栄里, 石黒佳代子, 藤本浩毅, 須田泰記, 服部俊一, 永原央, 大平雅一
    第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 岡山 2017年2月
  7. Antifungal stewardship活動によるバンコマイシン(VCM)への介入状況と有効性
    川口博資, 中村安孝, 柴多渉, 並川浩己, 藤本寛樹, 山田康一, 掛屋弘
    第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会 沖縄 2016年11月
  8. 「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」策定に伴う現状調査
    河ア尚史, 本山宏華, 高橋典子, 西川武司, 森岡与明, 絵本正憲, 稲葉雅章, 永山勝也
    第53回糖尿病学会近畿地方会 大阪 2016年11月
  9. Antifungal stewardshipに向けた取り組みと効果についての検討
    川口博資, 柴多渉, 並川浩己, 藤本寛樹, 山田康一, 掛屋弘
    第60回日本医真菌学会総会・学術総会 東京 2016年10月
  10. 病棟薬剤業務によるバンコマイシン塩酸塩投与患者への介入状況と効果
    川口博資, 中村安孝, 矢野翼, 高橋典子, 西川武司, 柴多渉, 並川浩己, 藤本寛樹, 山田康一, 掛屋弘, 永山勝也
    第26回日本医療薬学会年会 京都 2016年9月
  11. 小児の発熱性好中球減少症におけるバンコマイシンの有効性と安全性に関する検討
    櫻井紀宏, 中村安孝, 山田康一, 時政定雄, 高橋典子, 西川武司, 新宅治夫, 掛屋弘, 永山勝也
    第26回日本医療薬学会年会 京都 2016年9月
  12. 授乳婦へのリーフレットを使用した授乳サポート指導に対する満足度評価
    元林有紀, 中村安孝, 三瘻也, 高橋典子, 西川武司, 永山勝也
    第26回日本医療薬学会年会 京都 2016年9月
  13. 進行再発胃癌に対するS-1+オキサリプラチン療法の忍容性に影響する因子の検討
    永井大地, 橋克之, 徳和目篤史, 光川康子, 六車一哉, 大平雅一, 高橋一栄, 永山勝也
    第26回日本医療薬学会年会 京都 2016年9月

2015年度

論文

和文

  1. 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討
    中村安孝, 櫻井紀宏, 山田康一, 時政定雄, 西川武司, 新宅治夫, 永山勝也, 掛屋弘
    医療薬学 41(12) 894-899, 2015
  2. Analysis of the factors influencing the development of hypomagnesemia in patients receiving Cetuximab therapy for head and neck cancer
    Inose R, Takahashi K, Nishikawa T, Nagayama K
    YAKUGAKU ZASSHI 135(12):1403-1407 (2015)
  3. Introduction of clinical research experience program in hospital practical training for pharmacy students, and its evaluation
    Takahashi K, Suda Y, Kawaguchi H, Nakamura Y, Kawabata S, Kawakami N, Nishikawa T, Nagayama K YAKUGAKU ZASSHI 135 (9): 1077-1082 (2015)
  4. 病棟薬剤業務による処方確認と相談応需に関する検討
    中村安孝、杉本 崇、外間まみ、児王典子、橋克之、川口博資、須田泰記、西川武司、永山勝也
    日本病院薬剤師会雑誌 51(6) 751-755, 2015

学会発表

和文

  1. 高齢者の乳がんおよび甲状腺がん手術におけるレニン−アンギオテンシン系阻害剤の術前休薬による術後血圧への影響
    小川和樹, 中村安孝, 河ア尚史, 石原沙江, 野田諭, 西川武司, 永山勝也
    日本薬学会第136年会 横浜 2016年3月
  2. 卵巣がんに対するDoxil療法による手足症候群発現に及ぼす影響因子の解析
    豕瀬諒, 橋克之, 西川武司, 永山勝也
    日本臨床腫瘍薬学会学術大会 鹿児島 2016年3月
  3. Anatomical Therapeutic Chemical / Defined daily doseとDay of therapyの評価と緑膿菌耐性率への影響
    中村安孝, 上野真希, 中家清隆, 岡田恵代, 藤田明子, 藤本寛樹, 山田康一, 掛屋 弘
    第31回日本環境感染学会総会・学術集会 京都 2016年2月
  4. 病棟薬剤業務支援システムの構築.
    須田泰記, 中村安孝, 信田佳克, 西川武司, 永山勝也
    第25回日本医療薬学会年会 横浜 2015年11月
  5. Stromal cell-derived factor 2はoxaliplatin 耐性に寄与する
    橋克之, 田中昌子, 塩田正之
    第74回日本癌学会学術総会 名古屋 2015年10月
  6. 頭頸部癌の放射線治療に伴う粘膜障害に対するオピオイド疼痛管理に関する検討
    河端志保,中村安孝,下村祥子,池浦啓博,佐藤美子,西川武司,永山勝也
    第7回 日本緩和医療薬学会年会 横浜 2015年10月
  7. 同種造血幹細胞移植におけるカスポファンギンとカルシニューリン阻害剤併用時の薬物相互作用および安全性に関する検討
    徳和目篤史,西本光孝,高橋正也,中村安孝,康秀男,中前博久,西川武司,日野雅之,永山勝也
    第25回日本医療薬学会年会 横浜 2015年10月
  8. 抗真菌薬併用療法における現状.
    川口博資, 中村安孝, 山田康一, 掛屋弘
    第63回化学療法学会総会 東京 2015年6月

2014年度

論文

和文

  1. 高カロリー輸液に含まれるビタミンKとワルファリンの相互作用に関する臨床的検討
    須田泰記, 中村安孝, 橋克之, 川口博資, 西川武司, 永山勝也
    日本病院薬剤師会雑誌 50 (12) 1475-1479 (2014)

学会発表

和文

  1. 小児の発熱性好中球減少症へのリネゾリドの使用に関する検討
    櫻井紀宏, 中村安孝, 山田康一, 信田佳克, 橋克之, 川口博資, 須田泰記, 西川武司, 掛屋弘, 永山勝也
    日本薬学会第135年会 神戸 2015年3月
  2. ヒト近位尿細管細胞の生存に対する抗MRSA薬の影響
    中村安孝, 橋克之, 西川武司, 永山勝也
    日本薬学会第135年会 神戸 2015年3月
  3. Stromal cell-derived factor 2, Hsp72 client protein, is a target molecule to overcome OXA resistance
    Katsuyuki Takahashi, Masako Tanaka, Masayuki Shiota, Yasukatsu Izumi, Katsuyuki Miura, Hiroshi Iwao
    第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015年3月
  4. 頭頸部癌に対するCetuximab療法による低マグネシウム血症発現に及ぼす影響因子の検討
    豕瀬諒, 橋克之, 河端志保, 西川武司, 永山勝也
    日本臨床腫瘍薬学会学術大会 京都 2015年3月
  5. 当院における抗真菌薬併用療法の実際
    川口博資, 中村安孝, 山田康一, 西川武司, 永山勝也, 掛屋弘
    真菌症フォーラム第16回学術集会 東京 2015年2月
  6. 心臓リハビリテーション教室「心臓のお薬について」における患者アンケート調査に基づく患者満足度評価
    児玉典子, 小川和樹, 橋克之, 中村安孝, 柴田敦, 西川武司, 永山勝也
    第36回日本病院薬剤師会近畿学術大会 和歌山 2015年1月
  7. 病棟薬剤業務における疑義照会と相談応需の内容に関する検討
    杉本崇, 中村安孝, 外間まみ, 中川貴弘, 児王典子, 西川武司, 永山勝也
    第24回日本医療薬学会年会 名古屋 2014年9月
  8. 乳がんに対するエリブリン療法の有害反応解析と治療継続に関する影響因子の検討
    橋克之, 橋野美穂, 豕瀬諒, 川口博資, 須田泰記, 中村安孝, 西川武司, 高島勉, 永山勝也
    第24回日本医療薬学会年会 名古屋 2014年9月
  9. 当院における抗がん剤の安全な取り扱いについてのデモンストレーションの教育効果
    岩見明子, 中野妙子, 竹林房代, 橋克之, 川上紀子, 光川康子, 中村和徳, 吉村成央, 高島勉, 藤永久美子
    第52回癌治療学会学術集会 横浜 2014年8月

2013年度

論文

和文

  1. 胆道がんに対するゲムシタビン+シスプラチン療法の有害反応解析と治療継続に関する影響因子の検討
    橋克之, 尾上雅英, 福土将秀, 池見泰明, 小林政彦, 深津祥央, 矢野育子, 永山勝也, 松原和夫
    日本病院薬剤師会雑誌49 (12): 1305-1309 (2013).
  2. 甲状腺未分化癌の臨床像−緩和医療介入の実際−
    中尾吉孝, 松田泰範, 下村祥子, 鶴田理恵, 柏木伸一郎, 野田諭, 小野田尚佳, 平川弘聖
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌30 (3): 182-186 (2013)

英文

  1. Establishment of a 5-fluorouracil-resistant triple-negative breast cancer cell line Takahashi K, Tanaka M, Inagaki A, Wanibuchi H, Izumi Y, Miura K, Nagayama K, Shiota M, H Iwao Int J Oncol. 43:1985-91 (2013)

学会発表

和文

  1. 注射用ブスルファン投与時の痙攣発作予防に対するバルプロ酸サトリウムの有効性および安全性に関する検討
    徳和目篤史, 高橋正也, 光川康子, 康秀男, 中前博久, 西川武司, 日野雅之, 永山勝也
    日本薬学会第134年会 熊本 2014年3月
  2. 胃癌細胞株においてHsp72はオキサリプラチン耐性の獲得に寄与する
    橋克之, 田中昌子, 塩田正之, 泉康雄, 三浦克之, 岩尾洋
    第87回日本薬理学会年会 仙台 2014年3月
  3. TPN施行時のビタミンKとワルファリン投与に関する臨床的検討
    須田泰記, 中村安孝, 大平雅一
    第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 横浜 2014年2月
  4. 糖尿病におけるメトホルミン増量の治療効果と安全性
    河ア尚史, 川口博資, 中村安孝, 須田泰紀, 橋克之, 西川武司, 絵本正憲, 稲葉雅章, 永山勝也
    第50回日本糖尿病学会近畿地方会 京都 2013年11月
  5. Identification of drug resistance-related protein in Triple-negative breast cancer using a proteomic approach.
    Katsuyuki Takahashi, Masako Tanaka, Hideki Wanibuchi, Masayuki Shiota
    第72回日本癌学会学術総会 横浜 2013年10月
  6. 腎機能別投与量チェックシステムの構築とその有用性の評価
    高橋正也, 信田佳克, 須田泰紀, 西川武司, 永山勝也
    第7回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2013 広島 2013年10月
  7. メトホルミン増量後の治療効果と副作用についての検討
    川口博資, 中村安孝, 須田泰記, 橋克之, 西川武司, 絵本正憲, 稲葉雅章, 永山勝也
    第23回日本医療薬学会年会 仙台 2013年9月
  8. 持参薬報告業務の効率化と質の向上 −薬剤師の病棟常駐化にむけて−
    中原薫, 徳和目篤史, 安部順子, 岡本麻理子, 中村瑞穂, 森下久恵, 福間郁美, 辰野香里, 西川武司, 永山勝也
    第23回日本医療薬学会年会 仙台 2013年9月
  9. 脳腫瘍摘出術後の抗てんかん薬の発作予防効果に関する検討
    河端志保, 中村安孝, 川口博資, 須田泰記, 橋克之, 西川武司, 永山勝也
    第23回日本医療薬学会年会 仙台 2013年9月
  10. 胆道がんに対するゲムシタビン+シスプラチン療法の有害反応解析と治療継続に関する影響因子の検討
    橋克之, 尾上雅英, 福土将秀, 池見泰明, 小林政彦, 深津祥央, 矢野育子, 永山勝也, 松原和夫
    第23回日本医療薬学会年会 仙台 2013年9月
  11. 医療用麻薬を初回導入する患者を対象とした医療用麻薬リーフレットの患者アンケート評価
    下村祥子, 佐藤美子, 河端志保, 池浦啓博, 西川武司, 永山勝也, 鶴田理恵, 松井徳造, 長谷一郎, 中尾吉孝
    第7回日本緩和医療薬学会年会 幕張 2013年9月
  12. ハンディターミナルを用いた注射薬取り揃えにおける認証システム導入と評価
    須田泰記, 中村安孝, 高橋正也, 信田佳克, 西川武司, 永山勝也
    第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会 名古屋 2013年8月
  13. 肺癌化学療法に対する看護師の症状マネジメント能力の向上に向けた取り組み
    樽井亜紀子, 平田真由美, 竹田律子, 岩見明子, 中野妙子, 佐々木由美子, 川端京子, 橋克之, 光岡茂樹, 工藤新三
    第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 仙台 2013年8月
  14. ICU/救命救急センターにおける薬剤情報提供についての検討
    川口博資, 山村仁, 溝端康光
    第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 東京 2013年7月
  15. 嘔吐コントロール不良症例における制吐目的で追加された薬剤の使用状況と課題
    光川康子, 橋克之, 川上紀子, 岩見明子, 中野妙子, 松本佳也, 李栄柱, 吉村成央, 高島勉, 工藤新三, 西川武司, 永山勝也
    第21回クリニカルファーマシーシンポジウム 金沢 2013年7月

2012年度

論文

和文

  1. 高校生競技者及び指導者のドーピングに対する知識・意識に関する調査研究
    橋克之, 中村安孝, 南野優子, 川口博資, 西川武司, 永山勝也, 岩尾 洋
    医療薬学39(3)166-173, 2013

学会発表

和文

  1. ワルファリンカリウムとフッ化ピリミジン系抗癌剤併用の現状と課題
    橋克之, 清水久実代, 須田泰記, 川口博資, 中村安孝, 川上紀子, 光川康子, 西川武司, 永山勝也
    第22回日本医療薬学会年会 新潟 2012年10月
  2. 当院での麻薬運用方法について
    佐藤美子, 須田泰記, 中村安孝, 南部敦子, 西川武司, 永山勝也
    第6回日本緩和医療薬学会年会 神戸 2012年10月
  3. Proteomic analysis of heat shock protein 72 client proteins in drug-resistant gastric cancer cell.
    Katsuyuki Takahashi, Masako Tanaka, Hideki Wanibuchi, Masayuki Shiota
    第71回日本癌学会学術総会 札幌 2012年9月
  4. 救命救急センターにおける抗菌薬の使用状況調査と適正使用に向けての検討
    川口博資, 安部順子, 山村仁, 溝端康光
    第15回日本臨床救急医学会総会・学術集会 熊本2012年6月