大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
びまん性軸索損傷
ホーム > 外傷性疾患(びまん性軸索損傷)
Contents
研修体験記
研究業績
研究業績
過去のイベント

基本的な情報

概要

 びまん性軸索損傷とは、頭部外傷後、意識障害を呈しているにもかかわらず、頭部CT、MRIで明らかな血腫、脳挫傷を認めない病態です。強い外力で脳に回転力が生じた場合、脳深部は脳表部よりも遅れて回転するため、脳がねじれます。その結果、軸索が強く引っ張られ、広範囲に断裂し、機能を失うと考えられています。予後は一般的に悪く、回復しても、後遺症として、意識障害、高次機能障害や麻痺などが見られます。

治療方針

効果的な治療法はありません。呼吸・循環の安定化、高体温の防止、頭蓋内圧のコントロールなど全身管理を行うことで、二次的脳損傷を予防し、脳の回復を期待します。