ステージ
ホーム > 研究と業績 > 論文 2018年

論文 2018年

論文バックナンバー

2018年

英文

  1. Kakeya H, Yamada K, Kaneko Y, Yanagihara K, Tateda K, Maesaki S, Takesue Y, Tomono K, Kadota H, Kaku M, Miyazaki Y, Kamei K, Shibuya K, Niki Y, Yoshida M, Sei Y. National trends in the distribution of Candida species causing candidemia in Japan from 2003 to 2014: A report by epidemiological investigation committee for human mycoses in Japan. Med Mycol J. 2018; 59E: E19-E22.
  2. Namikawa H, Takemoto Y, Shimazaki I, Makuuchi A, Kobayashi M, Kinuhata S, Yamada K, Fujimoto H, Toyoda H, Kamata N, Tochino Y, Teramoto I, Abe N, Morimura M, Kakeya H, Shuto T. A case of imported Taenia asiatica infection in Japan. Jpn J Infect Dis. 2018;71:170-171.
  3. Kaneko Y, Oinuma KI, Terachi T, Arimura Y, Niki M, Yamada K, Kakeya H, Mizutani T. Successful treatment of intestinal mycosis caused by simultaneous infection with Lichtheimia ramose and Aspergillus calcidoustus. Intern Med 2018;57(16):2421-2424.
  4. Kohno S, Izumikawa K, Ogawa K, Kurashima A, Okimoto N, Suzuki K, Kakeya H, Niki Y, Ichihara K, Miyazaki Y, Japan Chronic Pulmonary Aspergillosis Study Group. Intravenous liposomal amphotericin B versus voriconazole for chronic pulmonary aspergillosis: a multicenter trial in Japan. Acta Med. Nagasaki 2018; 61: 167-176.
  5. Matsuda T, Kubo S, Ueno M, Takifuji K, Yamaue H, Takemura S, Tanaka S, Shinkawa H, Yamada K, Kakeya H. Operative outcomes after laparoscopic splenectomy with special reference to prophylactic antibiotics. Asian J Endosc Surg, 2018. DOI:10.1111/ases.12661

和文

  1. 掛屋 弘. 動物より伝播される感染症(特にイヌ、ネコ、ウサギ、ネズミに咬まれたとき). 今日の治療指針 2018, 医学書院, 2018, pp220-222.
  2. 山入和志, 掛屋 弘. 呼吸器真菌感染症Up-to-date;酵母様真菌. THE LUNG. 2018; 26:1;57-61.
  3. 掛屋 弘. 薬剤師として知っておきたい呼吸器感染症診療のUp-To-Dateと抗菌薬選択. 大阪府薬剤師会雑誌. 2018; 69(3): 42-47.
  4. 掛屋 弘. 第45回内科学の展望. 常に考慮すべき呼吸器感染症2)肺真菌症を疑うポイントと診断のコツ. 日本内科学会雑誌 2018; 107(2), 416-422.
  5. 柴多 渉, 掛屋 弘. 深在性真菌症のすべて 臨床(各論)5. ムーコル症の診断と治療. 化学療法の領域. 2018; 34;S-I, 190-198.
  6. 掛屋 弘, 山田康一, 川口博資. 院内におけるAntifungal Stewardship(AFS)への取り組み. 感染と抗菌薬. 2018; 21(2):149-158.
  7. 櫻井紀宏, 中村安孝, 川口博資, 山田康一, 永山勝也, 掛屋 弘. MRSA 感染が疑われた発熱性好中球減少症の2次治療に対するDaptomycin およびLinezolidの有効性・安全性. 日本化学療法学会誌. 2018; 66(4): 504-512.
  8. 山田康一, 掛屋 弘. 抗菌薬適正使用支援の現状と課題. Pharma Medica. 2018; 36(9):49-52.
  9. 中家清隆, 掛屋 弘. 当院における医療関連感染対策・抗菌薬適正使用対策について〜POT法を活用した対策を含めて〜. THE CHEMICAL TIMES. 2018; 4:19-24.
  10. 川口博資, 中村安孝, 矢野 翼, 高橋克之, 須田泰記, 南部敦子, 高橋典子, 西川武司, 山田康一, 掛屋 弘, 永山勝也. 病棟薬剤業務によるVCMの急性腎障害防止効果の検討. 日本病院薬剤師会雑誌. 2018; 54(10):1264-1269.
  11. 吉井直子, 掛屋 弘. 結核床を有さない医療域感における院内結核感染対策. 呼吸器内科. 2018; 34(4):362-366.
  12. 藤田明子, 岡田恵代, 掛屋 弘. 実践活動報告:第6回学術集会より 麻疹の院内伝播により明らかとなった職業感染対策の課題. 日本感染管理ネットワーク会誌. 2018; 15:7-9.
  13. 森田 諒, 山田康一, 木俣 勲, 尾崎鈴佳, 小林由佳, 仁木 誠, 井本和紀, 山入和志, 柴多 渉, 並川浩己, 吉井直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸康年, 金子 明. 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験. Clinical Parasitology. 2018;29(1):59-62.
  14. 中家清隆, 山田康一, 山入和志, 柴多 渉, 並川浩己, 藤本寛樹, 川口博資, 信田佳克, 安部順子, 岡田恵代, 藤田明子, 金子幸弘, 鈴木匡弘, 松本麻未, 山岸由佳, 三鴨廣繁, 掛屋 弘. Clostridioides difficile院内伝播の解析におけるPCR-based ORF Typing(POT)法の有用性.日本嫌気性菌感染症学会雑誌. 2018; 48(2):81-89.
サイドメニューコンテンツ

ILOHA

研修医のための感染症予備校