Please wait...

小児外科

小児外科

診療科の特色

小児外科はこどもの外科疾患を扱う部門です。
内科と外科があるように小児科(小児内科)・新生児科と協力してこどもの病気を手術で治療する科です。
こどもの外科疾患は先天的な解剖学的異常により様々な機能障害を来したものが多く、また組織が小さく脆弱であるため、おとなの外科とはまったく違った知識や技術が不可欠です。
治療においてはその特性を十分に理解した小児外科専門医が担当致します。

社会的ニーズ

小児医療の重要性が改めて認識されている現在、小児救急外科疾患も含めて地域のニーズに対応できるよう努力しています。こどものための専門医として新生児から成人医療へ移行した症例にも対応します。

対象疾患

赤ちゃんから思春期までの心臓、神経、骨を除く手術が要るような病気を扱っています。具体的には呼吸器(気管・肺など)・消化器(食道から肛門までの消化管・肝臓・膵臓など)・その他のお腹の中の臓器(腎臓・脾臓など)・皮膚軟部組織(皮膚・皮下組織・筋肉など)などの先天性疾患、良性疾患及び悪性疾患です。また泌尿生殖器(腎臓・尿管・膀胱・外陰部など)はふつう泌尿器科の守備範囲ですが小児の場合は小児泌尿器の勉強をしっかりとした小児外科医がいる施設ではこれらの病気も担当します。当施設では小児泌尿器科学会認定医が小児泌尿器疾患を担当します。

低侵襲手術への試み

当科では小児外科疾患の中で頻度の高い鼠径ヘルニアは臍内に3mmの腹腔鏡と2mmの鉗子を挿入してヘルニア門を閉鎖します。整容性に優れ、対側のヘルニア門の対応もできる利点があります。

単孔式腹腔鏡手術の応用

手の代わりになる鉗子を2つとカメラを臍から挿入、さらにお腹の左右に鉗子を2つ追加し、膵尾部切除術を行いました。術後経過良好で審美性も優れています。

胸部、腹部の全ての症例に適応できるとは限りませんが、安全性を確保した上で積極的に腹腔鏡手術を導入しています。

今後の展望

大阪市立大学では1957年より小児外科診療を続けています。この間一貫して小児医療の一翼を担うべく努力を重ねて参りました。安全・確実な手術は当然ですが、日本における小児外科学の歴史はまだ50年を過ぎたところです。日々、診断・治療法が進歩しており、その世界の動きに遅れを取らないように情報収集にも心がけております。最近は小児にアドバンテージのある鏡視下手術を様々な疾患に拡大適応しております。乳幼児良性疾患に加えて新生児疾患にも適応拡大していく予定です。手術は結果が全てです。小児外科手術の特徴は機能の獲得と維持です。不必要な手術を避け、必要最小限の侵襲で最大限の効果が期待できる術式を選択しなければなりません。そのためには当然挑戦する治療も必要となってきます。そこでわれわれは他のチームとの交流にも力を注いで、新しい治療法を安全に確実に行なえるようにしています。小児の特徴である発育・発達をふまえた医療を心がけ、小児医療の世界への発信地にもなるべく確実・安全な小児外科を目指しています。

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
医師名 堀池 正樹 堀池 正樹