大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
サブステージ画像
ホーム > 教育について(概要)

教育方針

イメージ写真 医学部を卒業して脳神経外科を志す方
また現在初期臨床研修期間中で脳神経外科に興味のある方を大歓迎します。

 われわれの臨床教育プログラムは、「きちんとした医師となるために何をすべきか、何が必要か」をわかりやすく示した上で、広大な脳神経外科の知識、技術を確実に習得できる充実した環境を整えて実施します。

 さらに将来的な専門分野(サブスペシャリティー)を定め、個々のキャリアを伸ばすことができるよう、教室としてバックアップしていきます。

教育プログラム

認定医および専門医の育成のためのプログラム

初期臨床研修プログラム 

医師免許取得後、最初の2年間の研修です。
大阪市立大学医学部附属病院・卒後臨床研修センターと協力し、脳・神経だけでなく全ての領域で患者さまの診療にあたることができる医師の育成を目指しています。

※初期臨床研修制度についての詳しい内容は下記のホームページをご覧下さい。
 大阪市立大学医学部附属病院・卒後臨床研修センター

後期臨床研修プログラム →詳細はこちら

修練医 専門医の取得後に、第一線の脳神経外科医として活躍するためには、高度の技術を修得し、専門分野をもつ脳神経外科医として成長していくことが重要になります。
大阪市立大学脳神経外科では、これにあわせて脳神経外科全般にわたる知識と技術の取得から、専門分野強化にわたって一貫した教育プログラムを 実施します。

研究医としての高度な専門性を追及するプログラム

大学院プログラム 

※現在編集中です

学部教育

学生実習について →詳細はこちら

大阪市立大学脳神経外科の医学部病棟実習(Bed Side Learning)は、最も充実した実習であると評価を受けています。

研修体験記

研修体験記 →詳細はこちら

当教室の研修医が、研修の内容や研修中の思い出を題材に体験記を書いてくれています。