大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
業績
ホーム > 臨床研究の情報公開

臨床研究に関する情報の公開について

 大阪市立大学脳神経外科では、脳・脊髄神経疾患の病態解明・治療法開発のため、臨床研究に積極的に取り組んでいます。これらの研究は、全て大学院医学研究科倫理委員会において厳しく審査を受けた後、承認を得て実施されています。

脊髄・脊椎疾患グループが実施している臨床研究

承認番号 責任者・実務担当者 研究課題
3671 高見俊宏、内藤堅太郎 脊髄髄内腫瘍の手術における蛍光造影剤(フルオレセイン)による微細血流評価
3551 高見俊宏、内藤堅太郎 脊髄神経膠腫のゲノム・遺伝子解析とその臨床病理学的意義の解明
3532 高見俊宏、内藤堅太郎 脊椎脊髄手術における術中透視の放射線被爆定量評価に関する観察研究
3408 高見俊宏、内藤堅太郎 頸椎前方椎体間固定術における骨癒合判定に関する前向き観察研究
3068 高見俊宏、内藤堅太郎 脊髄髄内腫瘍における術前・後QOL推移に関する前向き観察研究
2730 高見俊宏、内藤堅太郎 脊椎脊髄手術合併症登録データベース事業
2604 高見俊宏、内藤堅太郎 脊椎脊髄疾患における手術治療効果の検証に関する観察研究